コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カシミール紛争 カシミールふんそうKashmir dispute

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カシミール紛争
カシミールふんそう
Kashmir dispute

カシミールの帰属をめぐる 1947年以来のインドパキスタンとの紛争。 47年インドとパキスタンは分離独立したが,カシミールは住民の圧倒的多数がイスラム教徒であるのに藩王がヒンドゥー教徒であったところから,その帰属が問題となった。藩王はインドへの帰属を表明したが,イスラム教徒が反対して暴動が発生,47年 10月インド,パキスタン両軍が出兵して第1次印パ戦争に発展。カシミールの帰属は,国際連合の勧告に基づいて住民投票により決定されることとなったものの,両国の対立で実現をみず,49年1月に国連調停のもとでようやく停戦協定が成り,この停戦ラインが実質的な国境線として今日に及んでいる。 65年8月第2次印パ戦争が起り,また 71年 12月の第3次印パ戦争でもカシミールは重要な戦場になった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

カシミール紛争

イスラム教徒が住民の多数を占めるカシミール地方の帰属をめぐり、1947年に英領から独立した印パ両国が領有権を主張して戦争に発展。49年に国連の調停で停戦ラインが設けられ、両国に中国を加えた3カ国が実効支配地域を分け合う状態が続いている。インドは全域領有を主張し、パキスタンは住民投票による帰属決定を求めている。

(2010-03-19 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

カシミール紛争の関連キーワードインド=パキスタン紛争アザドカシミール准州ペルベズ ムシャラフG.V. ヤリングパクトニスタン運動バージル[峠]ウ・タントジェルムヤリング核戦略

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android