コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カスカイス カスカイス Cascais

3件 の用語解説(カスカイスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カスカイス
カスカイス
Cascais

ポルトガル中西部,リスボン県の都市。リスボンの西,カスカイス湾に面する漁港で,コスタドソルの中心地として知られ,ポルトガルリビエラ呼ばれる海浜保養地。市域内には有名な保養地エストリルもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

カスカイス(Cascais)

ポルトガル西部の都市。リスボンの西方約30キロメートルに位置し、大西洋に面する。19世紀に王室の夏の離宮が置かれ、近郊のエストリルとともにコスタ‐ド‐ソルの代表的な海岸保養地として知られる。「地獄の口」と呼ばれる海食洞が有名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カスカイス
かすかいす
Cascais

ポルトガル中西部、エストレマドゥーラ地方の海浜保養都市。リスボンの西30キロメートル、大西洋に臨む。人口3万2972(2001)。古くからの漁港であったが、1870年に王室がここで夏を過ごして以来発達し、共和制下では離宮は元首の住居となった。海岸の洞窟(どうくつ)が有名。近くに保養都市エストリルがある。[田辺 裕・柴田匡平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカスカイスの言及

【シントラ】より

…北東500mの山頂にそびえるモーロ人(ムーア人)の城(8世紀)も名勝地の一つ。シントラは海岸沿いのリゾート地カスカイスとともに首都近郊の二大観光地となっている。【弥永 史郎】。…

※「カスカイス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カスカイスの関連キーワードエストリルポルトガルマフラリスボンケルースコスタデプラタセジンブラバイロアルトパルメラロシオ広場

カスカイスの関連情報