コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カスターニョ カスターニョ Castagno, Andrea del

2件 の用語解説(カスターニョの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カスターニョ
カスターニョ
Castagno, Andrea del

[生]1421/1423頃.カスターニョ近郊
[没]1457.8.19. フィレンツェ
イタリアの画家。師は不明。伝えによればわずか 17歳で作品の注文を受けたといわれる。ドナテロの彫刻の成果を絵画に取入れたその堅固な彫塑性と透徹した自然主義は,15世紀のフィレンツェ派の画家に深刻な影響を与えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カスターニョ
かすたーにょ
Andrea del Castagno
(1421/1423―1457)

イタリアの画家。フィレンツェでマサッチョウッチェロといった先輩の画風を学びながら成長するが、1442年にはベネチアに招かれ、サン・ザッカリア聖堂の祭室(アプス)の装飾に従事している。44年にフィレンツェに帰り、翌45年から50年にかけてサン・タポロニア修道院に『最後の晩餐(ばんさん)』および3面の受難図を描いたが、これらの作品は当時大きな反響をよんだという。また彼はレニャイアのパンドルフィーニ家別荘に9人の男女著名人の等身以上の肖像画を制作した(のちにサン・タポロニア修道院の食堂に移された)。51年からは、ドメニコ・ベネチアーノが制作を放棄したサン・テジディオ聖堂のフレスコ画を継続、完成するが、彼の画家としての力量がよく発揮されている作品はサンティシマ・アヌンツィアータ聖堂に描いた『聖ユリアヌス』である。56年にはフィレンツェ大聖堂に傭兵(ようへい)隊長ニッコロ・ダ・トレンティーノの騎馬肖像を制作したが、この作品は一般にカスターニョの最高傑作とされている。[濱谷勝也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カスターニョの関連キーワードカスタードコルレーニョダルセーニョハラペーニョカスタードソースカスタードケーキマスーニョビーニョベルデカスターニャミーニョ種 (Minho)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone