カセム(英語表記)Kassem, Abdul Karim

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カセム
Kassem, Abdul Karim

[生]1914.11.21. バグダード
[没]1963.2.9. バグダード
イラクの軍人,政治家。陸軍大学卒業。軍内部に自由将校団を組織して革命運動を推進。 1958年7月,クーデターによりファイサル国王を追放,共和制を樹立して首相となった。中立主義外交,国内改革を進め,一時アメリカ,イギリスの中東支配をゆるがしたが,次第に独裁化し,63年2月バース党のクーデターにより失脚,殺害された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カセム
かせむ
‘Abd al-Karm Qsim
(1914―1963)

イラクの軍人、政治家。バグダードに生まれる。陸軍士官学校卒業。1948年パレスチナ戦争に従軍。1956年自由将校団の委員長となる。1958年7月14日クーデターを指揮して親西欧主義の王制を打倒、共和制を樹立し、自ら首相兼国防相代理となった。アラブ民族主義を唱えたが、アラブ連合とは対立した。また、国内のバース党員やナセル主義者と対抗し、1959年3月のモスルで起きた軍部反乱後、一時共産主義者と結ぶがすぐ決別した。1960年代初めに立憲政治を復活させる試みをするが失敗。1960年以後はクルド人の反乱に手を焼いた。1963年2月、文民派バース党員と反共派将校たちのクーデターによって失脚、処刑された。[木村喜博]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

カセム

(Abdel Karīm Kāsem アブデル=カリーム━) イラクの軍人、政治家。一九五八年のイラク革命の指導者で、初代の首相となる。のち、軍部のクーデターによって殺された。(一九一四‐六三

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カセムの関連情報