カタカイガラムシ(英語表記)soft scale

世界大百科事典 第2版の解説

カタカイガラムシ【soft scale】

半翅目カタカイガラムシ科Coccidaeの昆虫の総称。日本から約60種が知られる。明らかな虫体被覆物をつくらず,成熟すると体皮が著しく硬化する種が多いのでこの名がある。しかし,なかにはロウムシ類のようにのり状の分泌物で厚く覆われるものや,ワタカイガラムシ類のようにほとんど硬皮せず,成熟すると綿状の分泌物で卵囊を形成する種もある。虫体はほぼ円形~楕円形で,扁平なものや背面が著しく隆起して球形となるものなど多様。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カタカイガラムシ
かたかいがらむし / 堅介殻虫

昆虫綱半翅(はんし)目同翅亜目カタカイガラムシ科Coccidaeに属する昆虫の総称。雌成虫は楕円(だえん)形もしくは長円形で、体は扁平(へんぺい)かまたは球形に隆起する。成熟すると表皮のクチクラが非常に硬化することからこの名がある。触角や脚(あし)は一般に発達する。幼虫および雌成虫には、腹端に肛隙(こうげき)といわれる割れ目があり、肛門は1対の背板で囲まれる。ルビーロウムシ、カメノコロウムシ、ツノロウムシ、タマカタカイガラムシなどの多くの著名な害虫がこの科に属す。ルビーロウムシのように、天敵のルビーアカヤドリコバチを利用して防除しているものもある。一方、イボタロウムシのように、工業用や薬用のろうがとれる有用種も含まれる。[林 正美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android