コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カタカイガラムシ soft scale

2件 の用語解説(カタカイガラムシの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カタカイガラムシ【soft scale】

半翅目カタカイガラムシCoccidaeの昆虫の総称。日本から約60種が知られる。明らかな虫体被覆物をつくらず,成熟すると体皮が著しく硬化する種が多いのでこの名がある。しかし,なかにはロウムシ類のようにのり状の分泌物で厚く覆われるものや,ワタカイガラムシ類のようにほとんど硬皮せず,成熟すると綿状の分泌物で卵囊を形成する種もある。虫体はほぼ円形~楕円形で,扁平なものや背面が著しく隆起して球形となるものなど多様。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カタカイガラムシ
かたかいがらむし / 堅介殻虫

昆虫綱半翅(はんし)目同翅亜目カタカイガラムシ科Coccidaeに属する昆虫の総称。雌成虫は楕円(だえん)形もしくは長円形で、体は扁平(へんぺい)かまたは球形に隆起する。成熟すると表皮のクチクラが非常に硬化することからこの名がある。触角や脚(あし)は一般に発達する。幼虫および雌成虫には、腹端に肛隙(こうげき)といわれる割れ目があり、肛門は1対の背板で囲まれる。ルビーロウムシ、カメノコロウムシ、ツノロウムシ、タマカタカイガラムシなどの多くの著名な害虫がこの科に属す。ルビーロウムシのように、天敵のルビーアカヤドリコバチを利用して防除しているものもある。一方、イボタロウムシのように、工業用や薬用のろうがとれる有用種も含まれる。[林 正美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カタカイガラムシの関連キーワード半翅類ラック貝殻虫綿吹貝殻虫水蝋貝殻虫水蝋蝋硬貝殻虫貝殻虫椿象矢の根貝殻虫ルビー蝋虫ケルメス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone