コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カッサラ Kassala

百科事典マイペディアの解説

カッサラ

スーダン共和国北東部,エチオピア国境近くにある同名県の県都。商業の中心で,綿花集散地。1834年ムハンマド・アリー配下のエジプト軍の基地として創設。29万8529人(2008)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カッサラ【Kassalā】

スーダン共和国東部の同名県の県都。人口23万4000(1993)。エリトリア国境に近い。1840年ムハンマド・アリー配下のエジプト軍によって構築され,国際的市場としてにぎわった。現在も当時の移住者や多くの部族がいる。町はガシュ川の三角州に位置し,ラクダの放牧が行われる。1929年鉄道が敷かれ,ポート・スーダンとハルツームの中間駅となった。【塩尻 和子】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

カッサラの関連キーワードワディハルファカッサラー州カダーリフニヤーラーサワーキンアトバラ川ダーメル

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android