カトラーン(英語表記)Qatrān, Abū Manṣūr `Aḍūdī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カトラーン
Qatrān, Abū Manṣūr `Aḍūdī

[生]1009頃.タブリーズ
[没]1072. ガンジャ
ペルシアの詩人。ペルシア詩アゼルバイジャン派の初期を代表する一人。ガンジャの地方君主に宮廷頌詩詩人として仕え,多くの史実を詠み込んだ詩をつくった。 1046年タブリーズでのナースィレ・ホスローとの出会いは名高い。『カトラーン詩集』 Dīwān-e Qatrānのなかの,42年タブリーズを襲った大地震を描写した詩は代表作とされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カトラーン
かとらーん
Ab Manr Qarn
(1009ころ―1072)

ペルシアの詩人。タブリーズに生まれる。生地とガンジャの宮廷に仕えたアゼルバイジャン派の代表的頌詩(しょうし)詩人で、1042年のタブリーズ地震を詠んだ詩人として知られる。46年タブリーズにおける大詩人ナースィレ・ホスローとの出会いは有名。ホラサーン派の影響を受けた『カトラーン詩集』は頌詩を主体に叙情詩も収められ、とくに自然描写に優れる。[黒柳恒男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android