コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カトラーン Qatrān, Abū Manṣūr `Aḍūdī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カトラーン
Qatrān, Abū Manṣūr `Aḍūdī

[生]1009頃.タブリーズ
[没]1072. ガンジャ
ペルシアの詩人。ペルシア詩アゼルバイジャン派の初期を代表する一人。ガンジャの地方君主に宮廷頌詩詩人として仕え,多くの史実を詠み込んだ詩をつくった。 1046年タブリーズでのナースィレ・ホスローとの出会いは名高い。『カトラーン詩集』 Dīwān-e Qatrānのなかの,42年タブリーズを襲った大地震を描写した詩は代表作とされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カトラーン
かとらーん
Ab Manr Qarn
(1009ころ―1072)

ペルシアの詩人。タブリーズに生まれる。生地とガンジャの宮廷に仕えたアゼルバイジャン派の代表的頌詩(しょうし)詩人で、1042年のタブリーズ地震を詠んだ詩人として知られる。46年タブリーズにおける大詩人ナースィレ・ホスローとの出会いは有名。ホラサーン派の影響を受けた『カトラーン詩集』は頌詩を主体に叙情詩も収められ、とくに自然描写に優れる。[黒柳恒男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カトラーンの関連キーワードボーリウムリ朝ボーリウム改氏・改名ボーリウムリ・コン・ウアンムルーク・アッタワーイフ時代ヨハネス18世(19世)セルギウス4世旧敵国条項

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android