コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カニクイイヌ(蟹食犬) カニクイイヌcommon zorro

1件 の用語解説(カニクイイヌ(蟹食犬)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カニクイイヌ【カニクイイヌ(蟹食犬) common zorro】

タヌキとキツネのほぼ中間の体型をした原始的な食肉目イヌ科の哺乳類コロンビアベネズエラブラジルからアルゼンチン北部までの森林と林縁の草原にすむ。体長60~80cm,尾長約30cm,体毛は短く灰褐色,首,背から尾の先端まで正中線を走る顕著な黒線がある。耳介は先がまるく黒色。四肢の下部と吻(ふん)は暗色。体の下面は淡色。キツネに比べ吻が短く,尾が細い。夜行性で1匹または1対で出歩き,ネズミトカゲカエルバッタなどの昆虫,カニなどを捕食するほか,イチジクイチゴマンゴーバナナなどの果実も食べる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone