コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カニクイイヌ(蟹食犬) カニクイイヌcommon zorro

世界大百科事典 第2版の解説

カニクイイヌ【カニクイイヌ(蟹食犬) common zorro】

タヌキとキツネのほぼ中間の体型をした原始的な食肉目イヌ科の哺乳類コロンビアベネズエラ,ブラジルからアルゼンチン北部までの森林と林縁の草原にすむ。体長60~80cm,尾長約30cm,体毛は短く灰褐色,首,背から尾の先端まで正中線を走る顕著な黒線がある。耳介は先がまるく黒色。四肢の下部と(ふん)は暗色。体の下面は淡色。キツネに比べ吻が短く,尾が細い。夜行性で1匹または1対で出歩き,ネズミ,トカゲ,カエル,バッタなどの昆虫,カニなどを捕食するほか,イチジク,イチゴ,マンゴー,バナナなどの果実も食べる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

カニクイイヌ(蟹食犬)の関連キーワードタヌキ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android