コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カニクイマングース Herpestes urva; crab-eating mongoose

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カニクイマングース
Herpestes urva; crab-eating mongoose

食肉目ジャコウネコ科。体長 45~53cm。体の背面は暗灰色,体の下面と頭,四肢暗褐色で,口元から肩にかけて白線がある。水辺に生活し,なかば水中生活をおくる。早朝または夕刻に活動してカエル,カニ,魚,鳥などを食べる。視力は比較的弱い。肛門腺が発達し,悪臭のある液体を放つ。インド北部,ミャンマー,中国南部,台湾に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カニクイマングース
かにくいまんぐーす
crab-eating mongoose
[学]Herpestes urva

哺乳(ほにゅう)綱食肉目ジャコウネコ科の動物。ネパール、アッサム、ミャンマー(ビルマ)からタイ、中国南部、海南島および台湾まで分布し、水辺にすむ。頭胴長44~48センチメートル、尾長26~31センチメートル、体重3~4キログラム。体毛は灰褐色、口角から肩にかけて1本の白色の縞(しま)がある。カニ、カエル、貝、魚類を食べ、水泳や潜水がうまい。[吉行瑞子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカニクイマングースの言及

【マングース】より

…ふつう腹面は背よりも淡くなく,腹面と四肢が黒い。 低地から高地,森林から低木林,サバンナから半砂漠まで,種々の環境にすみ,水生に適応したミズマングース(ヌママングース)Atilax paludinosus(サハラ以南のアフリカに分布),食物の大半を水中でとらえるカニクイマングースHerpestes urva(東南アジア)もある。多くのものは単独で生活し,繁殖期のみつがいを形成するが,最小種のコビトマングースHelogale parvula(東・南アフリカ)のように2~5頭の群れで日中活動をするものや,10~24頭の群れをつくるクシマンセCrossarchus obscurus(英名cusimanse。…

※「カニクイマングース」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カニクイマングースの関連キーワード灰褐色

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android