コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カニダマシ カニダマシ porcelain crab; china crab

3件 の用語解説(カニダマシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カニダマシ
カニダマシ
porcelain crab; china crab

軟甲綱十脚目カニダマシ科 Porcellanidaeに属する海産動物の総称。カニ形であるが,第2触角の鞭状部が糸状に長いこと,3対の歩脚に続く第4対目の脚が著しく小さく,鰓室内に差し込まれていること,腹部の末端部に痕跡的な尾肢をもつことなどによって,分類学的にはヤドカリ類に近い仲間である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カニダマシ

異尾類カニダマシ科の甲殻類の総称。種類が多い。イソカニダマシは最も普通の種で,外観はカニに似るが,第2触角のひげが甲長よりも長い。はさみ脚は強大でやや扁平,腕節がカニ類と異なり非常に長く,腹部にも2対の尾肢がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カニダマシ
かにだまし / 蟹騙し
porcelain crabchina crab

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目カニダマシ科Porcellanidaeの海産動物の総称。一般的な外形はカニに似ているが、分類学的には長尾類(エビ類)と短尾類(カニ類)の中間に位置する異尾類(ヤドカリ類)に含まれる。第2触角が糸状に長いこと、はさみ脚(あし)の長節が短く、腕節が長いこと、最後の脚が著しく小さく、清掃用として鰓室(さいしつ)内に差し込まれていること、腹部末端に痕跡(こんせき)的な尾肢(びし)をもっていることなどが科の特徴である。とらえようとすると、扁平(へんぺい)なはさみ脚を左右交互に支えにして後ずさりして逃げる。ほとんどの種が岩礁の潮間帯から浅海にすむ。日本産は約45種で、転石のある海岸にもっとも多いのが甲幅1センチメートルほどのイソカニダマシPetrolisthes japonicusで、サンゴ礁にはアジアアカハラP. asiaticusやオオアカハラP. coccineusが多い。巨大なハタゴイソギンチャクと共生するアカホシカニダマシNeopetrolisthes maculatusもよく知られている。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カニダマシの関連キーワード軟甲類アカホシカニダマシ国魂十脚目騙し蟹騙素敵にダマして!カニ(蟹)コブカニダマシミナミカニダマシ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カニダマシの関連情報