コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長尾類 ちょうびるいmacruran

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長尾類
ちょうびるい
macruran

軟甲綱十脚目 Decapodaに属するエビ類の総称。カニ類の短尾類ヤドカリ類異尾類に対応することばであるが,エビ類をまとめる分類学的な名称ではない。エビ類の体は頭部 5節,胸部 8節,腹部 6節と尾節からなり,頭部と胸部は 1枚の甲で覆われている。腹部は各節ごとに独立した甲で覆われ,自由に屈伸する。頭部付属肢は第1触角,第2触角,大顎,第1小顎,第2小顎である。胸部付属肢の前 3対は顎脚と呼ばれ,大顎,第1小顎,第2小顎とともに口器を形成する。続く 5対の胸脚は,前 2対または 3対,あるいは第2脚だけが鋏になるが,5対のすべてが鋏になっている場合や鋏をまったくもたない場合もある。一般の体形から,遊泳に適したクルマエビ類(→クルマエビ)とコエビ類(遊泳類),歩行に適したイセエビ類(→イセエビ)とザリガニ類(→ザリガニ)(歩行類)に大別される。発生過程は一様ではなく,幼生の形態も変化に富む。卵は一般に雌に抱かれ,ミシスという幼生期をもつ。サクラエビとクルマエビ類のみが自由放卵で,ノープリウス幼生として孵化する。また淡水産種には幼生期をもたない種も若干知られている。水産業上の重要種が多いが,資源が減少しているため,養殖の研究が進んでいる。(→甲殻類十脚類節足動物軟甲類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長尾類
ちょうびるい

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目のうちエビ類の分類学上の名称。扱いとしては亜目Macruraで、異尾類(ヤドカリ類)と短尾類(カニ類)に対応するが、体形にクルマエビ類のような遊泳型とイセエビ類のような歩行型があり、前者を遊泳亜目、後者をヤドカリ類やカニ類とともに歩行亜目とする分類法もある。[武田正倫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の長尾類の言及

【エビ(海老∥蝦)】より

…甲殻綱十脚目Decapodaに属する節足動物の通称。長尾類と呼ばれることも多いが,腹部がよく発達しているという意味で,腹部が曲がっている異尾類,すなわちヤドカリ類と腹部が退化している短尾類,すなわちカニ類に対比していわれる言葉である。エビ類の体制は,体がクルマエビ類やコエビ類のように遊泳に適している側扁型,イセエビ類やザリガニ類のように歩行に適している横扁型に大別される(図1)。…

※「長尾類」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

長尾類の関連キーワードエビ(蝦/海老)エビ(海老∥蝦)コシオリエビカニ(蟹)カニダマシヤドカリ海老・蝦

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android