コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カバレリア・ルスティカーナ カバレリア・ルスティカーナ Cavalleria Rusticana

2件 の用語解説(カバレリア・ルスティカーナの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カバレリア・ルスティカーナ
カバレリア・ルスティカーナ
Cavalleria Rusticana

P.マスカーニの1幕オペライタリアベリズモ作家 G.ベルガの戯曲を題材とする,シチリア島を舞台とした恋愛悲劇。 1890年ローマで初演。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カバレリア・ルスティカーナ
かばれりあるすてぃかーな
Cavalleria rusticana

イタリアの作曲家P・マスカーニの一幕オペラ。「田舎(いなか)の騎士道」を意味する同名のG・ベルガの短編小説が発表されたのは1880年であるが、84年には原作者自身の手で戯曲化され、トリノでの初演には名女優E・ドゥーゼがヒロインのサントゥッツァを演じて大成功を収めた。この戯曲からさらにオペラ化(台本タルジョーニ・トツェッティとメナシ)され、90年にローマで初演された。シチリア島を舞台とする恋愛悲劇で、それまでのオペラがもっぱら神話や歴史上の事件を題材としていたのに対し、ここでは同時代の日常生活が生々しく描写されている。これがベリズモ(現実派)・オペラの先駆的作品とよばれるゆえんであり、庶民的な登場人物、叙情と激情を巧みに織り込んだ筋書き、強い印象を与える悲劇的結末によって大衆の喝采(かっさい)を浴びた。なおベリズモ・オペラは、ワーグナーの壮大な楽劇に対するアンチテーゼとして確立されたスタイルであるが、この作品には、語りに近い歌や管弦楽による示導動機など、ワーグナーの影響も多く認められる。日本では1917年(大正6)田谷力三(たやりきぞう)らによって初演された。[三宅幸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カバレリア・ルスティカーナの関連キーワードプッチーニマスカーニオペラセリアオペラブッファスカラ座ポンキエリカバレリアルスティカーナカヴァレリア・ルスティカーナロッシーニ・オペラ・フェスティバルローシー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone