コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田谷力三 たやりきぞう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田谷力三
たやりきぞう

[生]1899.1.13. 東京
[没]1988.3.30. 東京
大正期から第2次世界大戦後まで活躍したテノール歌手。三越少年音楽隊出身。沢崎定之,太田恒子に声楽を学ぶ。赤坂ローヤル館の歌劇以来浅草オペラではなばなしく活躍した。 89歳で没するまで若々しい声を長く保ち,人気を博した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たや‐りきぞう〔‐リキザウ〕【田谷力三】

[1899~1988]テノール歌手。東京の生まれ。浅草オペラで活躍。晩年まで美声を保ち、現役として歌い続けた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田谷力三 たや-りきぞう

1899-1988 大正-昭和時代のテノール歌手。
明治32年1月13日生まれ。10歳で三越呉服店の少年音楽隊にはいる。大正6年ローシーが主宰する赤坂ローヤル館の歌劇団に入団し,デビュー。翌年浅草オペラにうつり,黄金期のスターとして活躍した。昭和63年3月30日死去。89歳。東京出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たやりきぞう【田谷力三】

1899~1988) テノール歌手。日本のオペラ草創期から出演。浅草オペラの人気者となり、田力でんりきの愛称で親しまれた。最晩年まで現役として活動。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田谷力三
たやりきぞう
(1899―1988)

テノール歌手。東京・神田の生まれ。10歳で三越(みつこし)呉服店少年音楽隊に入り音楽修業。1917年(大正6)美声を認められてローシー主宰の歌劇団に入団したが、翌年ローシーが帰国してからは、浅草の観音劇場や金竜館の舞台に立ち『ボッカチオ』などに主演して、いわゆる浅草オペラの黄金時代を築いた。関東大震災(1923)後も「ヤパン・モカル」「笑いの王国」などに出演する一方、NHK放送オペラやレコード吹き込みに活躍、第二次世界大戦後も衰えぬ美声と情熱で歌い続け、84年(昭和59)には85歳で音楽生活75周年のリサイタルを開いた。[寺崎裕則]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の田谷力三の言及

【セビリャの理髪師】より

…しかし,原作のせりふのもつ快適なリズムとエスプリにかなったロッシーニ特有の,流麗で才気煥発,奔流のような音楽の魅力によってしだいに声価を高め,イタリア・オペラの代表作として愛好されている。日本初演は1917年11月テノール歌手田谷力三ほかによって赤坂ローヤル館で行われ,21年にはロシア歌劇団,43年には藤原歌劇団が抄演。48年3月藤原歌劇団によって全曲が演奏された。…

※「田谷力三」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

田谷力三の関連キーワードカバレリア・ルスティカーナ浦辺 粂子羽衣 歌子佐藤 美子古海 卓二オペレッタボッカチオ赤羽 忠一田谷 力三町田 金嶺内田 栄一坂野比呂志清水金太郎羽衣歌子佐藤美子昭和時代大友 純東 八郎藤原義江澄川久

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

田谷力三の関連情報