カプチン会(読み)かぷちんかい(英語表記)Ordo Fratrum Minorum Capuccinorum ラテン語

日本大百科全書(ニッポニカ)「カプチン会」の解説

カプチン会
かぷちんかい
Ordo Fratrum Minorum Capuccinorum ラテン語

アッシジの聖フランチェスコがつくったキリスト修道会フランシスコ会の3独立分派の一つ。1525年イタリア人司祭マテオ・ダ・バシオによって創立され、17世紀に入って完全に独立した。フランチェスコの定めた会則を厳密に守ることを目ざし、祈りと宣教を旨とする。その生活態度は厳格で、聖堂もきわめて簡素である。ひげをはやし長い頭巾(ずきん)をかぶるその風貌(ふうぼう)から、カプチン(語源は「頭巾」の意)僧とよばれるようになった。日本にも第二次世界大戦後(1947)渡来し、沖縄に修道院を開いている。

[鶴岡賀雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「カプチン会」の解説

カプチン会
カプチンかい
Ordo Fratrum Minorum Capucinorum

1525年マテオ・ダ・バシオの始めたフランシスコ会の独立的分派の一つ。厳格な修道生活,簡素な聖堂,歌わずに詠する聖務日課特色。既存のフランシスコ会グループから圧迫され,特に 42年カプチン会総代理ベルナルディノ・オキノがプロテスタントとなったため勢力が衰えたが,18世紀には全盛期を迎えた。なおその名は修道服についているカプチーノ (帽巾) による。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「カプチン会」の解説

カプチンかい【カプチン会 Ordo Fratrum Minorum Capuccinorum[ラテン]】

カトリック教会の一托鉢修道会。その名は会員が着用する先のとがった頭巾(カプッチョ)に由来する。フランシスコ会から分派した修道会であり,1525年マテオ・ダ・バシオMatteo da Bascio(1492か95‐1552)によって始められ,28年7月3日教皇クレメンス12世によって認可された。アッシジのフランチェスコの精神の厳格な伝統を遵守し,自己聖性と使徒活動をめざしてキリストに従うことを目的とする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

トビウオ

ダツ目トビウオ科の海水魚。別名アキツトビウオ,ホントビ。体長 35cm。体は長く,背面は平たい。側線は腹面近くを走る。鱗は円鱗ではがれやすい。尾鰭の下葉は上葉に比べて大きい。胸鰭は特に長く,よく発達し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android