コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カベー カベー Cabet, Étienne

2件 の用語解説(カベーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カベー
カベー
Cabet, Étienne

[生]1788.1.2. ディジョン
[没]1856.11.8. セントルイス
フランスの空想的社会主義者。 1840年に『イカリアへの旅』 Voyage en Icarieを出版。政府がすべての経済活動や社会活動を統制する共産国家を描いて,共産主義の観念を大いに広めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カベー
かべー
tienne Cabet
(1788―1856)

フランスの初期共産主義者。カベともいう。シャルル10世の治下にカルボナリ党に加入し、1830年7月には革命運動に荷担した。1831年に議会に選出され、当初七月王政を支持していたが、1833年に雑誌『人民』を創刊し、共和主義を唱道して政府と対立するようになった。翌1834年、雑誌記事の責任を問われて懲役刑に処せられると、イギリスに亡命した。1839年に帰国し、トマス・モアのユートピア思想の影響がみられる理想的共産主義社会を描いた『イカリア旅行記』を著すとともに、雑誌『人民』を再刊して全国的に共産主義運動を広めた。1848年に二月革命が勃発(ぼっぱつ)すると、革命運動に挺身(ていしん)した。しかし運動は敗北し、反動化のなかで、同年末にイカリア主義者を募ってアメリカに渡った。テキサスとイリノイで彼らの夢想する共産主義社会を建設しようとしたが失敗に終わり、異国で失意のうちに没した。[本池 立]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カベーの関連キーワードワイドクリアビジョンディビジョンヴィジョンディジェスチフノートルダムドディジョン教会プロビジョンディバージョン5人の女刑事たち ザ・ディヴィジョン72ヴィジョンゴルフレディジョージィ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カベーの関連情報