コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャルル10世 シャルルじっせいCharles X

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャルル10世
シャルルじっせい
Charles X

[生]1757.10.9. ベルサイユ
[没]1836.11.6. ゴリツィア
フランス王 (在位 1824~30) 。ルイ 15世の孫でルイ 16世,同 18世の弟にあたり,当初アルトア伯として知られる。バスティーユ陥落の直後亡命し,トリノから反革命運動に参加。次いで 1814年までドイツ,イギリスに滞在し,王政復古が成るや兄のルイ 18世から国王代理官に指名され,ユルトラ (極右王党派) の指導者として活躍。兄の死後フランス王となり (24) ,25年ランスでアンシアン・レジーム期の儀式にのっとって戴冠式を挙行,フランス革命期に所有地を政府に没収された亡命貴族を補償するための「十億フラン法」の制定,議会に対する強力な反動的てこ入れなどを行なった。このため各地で自由主義運動が広がり,パリでは L.ティエール,F.ミニェらが『ナショナル』紙を発行し,学生,小市民層の共和派と自由主義の結集に力を注いだ。このような情勢に議会は解散したが,新選挙は反政府派の勝利となり,国王はこれに対して出版の自由を停止し,選挙法改正をおもな内容とする「七月勅令」を発布した。これを契機に七月革命が起り (30) ,シャルルは孫のボルドー公に位を譲りイギリスに亡命。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

シャルル10世

生年月日:1757年10月9日
フランス王
1836年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

シャルル10世の関連キーワードランスのノートルマラー(Jean王政復古(Restoration)ルイ・フィリップ・アルベールコスタニエビツァ修道院王政復古[フランス]フランス共和国憲法ロアイエ・コラールフランス史(年表)ロワイエ・コラールシャルル(10世)デュピュイトランルイ(18世)アルジャンソンシャンポリオンポリニャックマイエンヌ公シャンボールカベニャックアルジェリア

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android