コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルボナリ党 カルボナリとう

百科事典マイペディアの解説

カルボナリ党【カルボナリとう】

イタリア語でCarbonari。炭焼党とも。1806年ころ南イタリアにできた秘密結社。初めは神秘的な儀式と位階制をもった秘密結社であったが,次第に自由主義的政治団体に変わっていった。
→関連項目マッツィーニ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カルボナリとう【カルボナリ党 Carbonari】

19世紀初期の政治的秘密結社。イタリアではCarboneria,フランスではCharbonnerieという。成立年代は確定されていないが,1806年ナポレオンのフランスが南イタリアを征服してナポリ王国を成立させた際,フランスの炭焼き職人組合(シャルボニエール)の形態が伝えられて結成されたと考えられる。当初の目的は,南イタリアにおける旧ブルボン体制を否定して自由主義的改革を進めることにあり,農村ブルジョアジー,下層聖職者,開明官僚,士官クラスの軍人などに支持された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カルボナリ党
かるぼなりとう
Carboneriaイタリア語

19世紀前半のイタリアとフランスに存在した秘密結社。「炭焼党」と訳す。1776年にバイエルン公国で創立された「啓明」結社は、私有財産の廃止による平等な社会を目ざす革命的秘密結社であった。創立者ワイスハウプトのイタリア人協力者コスタンツォ侯爵はその後帰国し、1786年にナポリでフリーメーソンの装いの下に「啓明」結社の支部を結成した。19世紀になってこの結社に新しい組織形態と名称をもたらしたのがフランス人の旧ジャコバン党員ジョセフ・ブリオであったといわれる。彼はフランシュ・コンテのシャルボニエールという「炭焼組合」を模した秘密結社の一員で、1806年にナポリに赴任した。ブリオを通じて新しい党組織は、社会を「森」、政府とその手先を「狼(おおかみ)」、集会所を「山小屋」、支部細胞を「炭売場」、党員を「善良な従兄弟(いとこ)」とよぶようになった。こうしてカルボナリ党は10年ごろナポリの「啓明」結社を母胎に、ナポレオン体制に反発するジャコバン的共和主義者を結集する秘密結社として誕生した。党はまもなく南部一帯に広がり、ウィーン体制下ではさらに中部から北部にまで組織を広げ、とくに北部ではブオナローティの指導する秘密結社と結び付いて発展した。カルボナリ党は、1830年代初めまで反絶対主義闘争の中核勢力としてリソルジメント初期の運動を代表した。党員は経験に応じて徒弟、親方、大親方の3段階に分けられ、各位階にはそれぞれ教義があったが、農地均分法に基づく平等社会の実現を掲げた大親方の位階は、後年ブオナローティの指導を受けた組織にのみ存在した。初期の運動は、ジャコバン主義の拠点であった軍隊を中心に起こり、その実践目標は立憲政府の樹立と外敵の駆逐であった。1820年7月ナポリの党が起こした反ブルボンの反乱は南部各地に広がり、立憲革命に成功したが、翌年春オーストリア軍の介入により鎮圧された。21年春のピエモンテの革命も同様に失敗に終わり、同時にイタリア各地の専制政府は弾圧に乗り出した。危機に陥った党は本拠をパリに移したため、運動はイタリアを離れてフランスやスペインに広がった。その後ブオナローティはイタリアの運動を再組織し、31年の中部イタリア革命を準備した。しかしこの革命の鎮圧と34年のリヨン蜂起(ほうき)の失敗、青年イタリア党の発展により、カルボナリ運動は急速に衰えた。[重岡保郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のカルボナリ党の言及

【バザール】より

…パリ生れ。1821年,ビュシェ,フロタールとともにフランス・カルボナリ党を創立。25年,サン・シモン没後,同派の《生産者》紙(1825‐26)の編集者の一人となり,以後,アンファンタン,ロドリーグらとサン・シモン主義の社会主義思想としての理論的整理,発展に貢献した。…

【ビュシェ】より

…パリ入市関税事務所に勤めるかたわら,哲学を学び,医学を修める。1821年バザール,フロタールとともにフランス・カルボナリ党を結成。その後,サン・シモンの思想に共鳴し,26年より《生産者》紙の編集に加わったが,29年宗教的色彩を強め,位階制を取り入れた同派と袂を分かち,独自の活動を始めた。…

【リソルジメント】より

…フランス支配期の市民的諸改革は後退して,各国とも旧制復古の政策がとられた。これに対して立憲自由主義の運動が秘密結社のカルボナリ党を通じて進められた。カルボナリ結社は最初南イタリアで成立したが,しだいに北イタリアにも浸透し,軍人,官吏,弁護士,医師,開明貴族など幅広い社会層の参加をみた。…

※「カルボナリ党」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カルボナリ党の関連キーワードジョヴァンニ ベルガナポレオン(3世)ナポレオン[3世]コンファロニエーリブオナロッティリソルジメントカベニャックカルドゥッチ青年イタリアウィーン体制ライバハ会議カルボナリラスパイユバイロンブランキビュシェペッリコバザールベルガカベー

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android