カマキリ(英語表記)Cottus kazika

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「カマキリ」の解説

カマキリ
Cottus kazika

カサゴ目カジカ科。別名アユカケ。全長 30cmになる。体はやや長く,やや縦扁する。成魚では胸鰭の各軟条の先端が分岐する。体色は灰褐色で,体側に4本の幅広い黒色横帯がある。夏は中流域にすみ,秋から冬にかけて下流へ下り,河口や海で産卵する。仔魚は再び川を上る。日本特産種。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典「カマキリ」の解説

カマキリ

 カジカ目の淡水魚

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android