コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カメラ・ワーク camera work

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カメラ・ワーク
camera work

撮影にあたっての一連の撮影作業。広義には撮影の開始から終了にいたる過程での撮影者の一切の作業を意味する。カメラ・ワークは撮影者の意図に即して被写体の発見,構図の設定,カメラ・ポジションカメラ・アングル,シャッター・チャンス,露出などの創造的選択にかかわる作業である。したがって,それらの適切な選択への判断と決定がカメラ・ワークの成否にかかわり,表現の結果に結びつく。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カメラ・ワークの関連キーワードフラー(Samuel Fuller)ホワイト(Minor White)アルフレッド スティーグリッツクリストファー ドイルフォト・セセッションバスビー バークリーチャン イーモウスティーグリッツスティーブンスパラジャーノフイオセリアーニM★A★S★Hチャン ジン小津 安二郎カラトーゾフルルーシュ宮川 一夫テレビ放送三代目襲名バークリー

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android