カモメガイ(英語表記)Penitella kamakurensis; flap tipped piddock

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カモメガイ
Penitella kamakurensis; flap tipped piddock

軟体動物門二枚貝綱ニオガイ科。長 4cm,殻高 1.5cm,殻幅 1.5cm。殻は白色,卵円形で前後2部に分れる。前部三角形前端はとがり,著しい成長肋と放射肋とが交ってやすり状となる。また前縁は反曲し,殻頂の上には石灰質背板が乗る。後部は殻皮でおおわれるが,成長肋は明らかである。前端の腹側は活動時に開き,休止時は石灰板で丸く閉じる。北海道から九州までの潮間帯にすみ,前腹側の閉口から足を出して泥岩に押しあて,殻を左右に動かして穿孔する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

カモメガイ

ニオガイ科の二枚貝。高さ2.2cm,長さ4cm,幅2cm。殻は黄白色,殻頂に背板がある。若い時期には前腹側を広く開き円柱形で先が吸盤状になっている足を出して泥岩などに付着し,殻を回しながら穿孔(せんこう)する。成長を終わると石灰で殻のすきまを閉じ,足は退縮する。北海道南部から九州の潮間帯付近に分布。カモメガイモドキは本種に似るが,木材に穿孔する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カモメガイ
かもめがい / 鴎貝
piddock
[学]Pholadidea kamakurensis

軟体動物門二枚貝綱ニオガイ科の二枚貝。北海道南部から九州までに分布し、潮間帯の泥岩に穿孔(せんこう)してすむ。殻長40ミリメートル、殻高15ミリメートル、殻幅15ミリメートルぐらいになる。殻は白色の横長楕円(だえん)形で、前後部に明らかに分かれ、丸く膨れた前域には粗い彫刻があり、やすりのようになっている。前部の腹側は活動期には広く開き、ここから円柱状の足を出し、すんでいる穴の底に吸着して体を固定し、殻を動かして穴を掘り進む。休止期になると、この開口部は薄い被板で閉じる。殻の後域は羽のような形をしていて薄く、成長線がある。穴の入口のほうが殻の後方にあたり、そこから水管を出して呼吸水を出し入れする。同科の諸種はいずれも泥岩などに穿孔生活をしていて、なかには食用とされている種もある。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android