コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラカサクラゲ Liriope tetraphylla

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラカサクラゲ
Liriope tetraphylla

刺胞動物門ヒドロ虫綱硬クラゲ目オオカラカサクラゲ科。傘は直径 3cmほどで,寒天質が厚い。傘の中央から長く伸びた筒状の口柄が唐傘を連想させる。口柄の先端に口が開いており,プランクトンを吸い取って食べる。触手は 8本で,そのうち 4本が特に細長い。各触手の基部には平衡器がある。日本沿岸に普通に見られる種で,特に秋から冬にかけて多数の個体が海岸に打ち上げられることがある。(→クラゲ刺胞動物ヒドロ虫類無脊椎動物

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カラカサクラゲ
からかさくらげ / 唐傘水母
[学]Liriope tetraphylla

腔腸(こうちょう)動物門ヒドロ虫綱硬(かた)クラゲ目オオカラカサクラゲ科に属する海産動物。直径1~3センチメートル、傘はほぼ半球形で、長い柄をもった胃部が傘腔(さんこう)から外に垂れ下がっている。放射管は4本、傘縁には4本の長い触手がみられ、また傘縁の環状管から傘の上方に向けて1~3本の求心管が伸びている。生殖腺(せん)は心臓形で放射管上に発達する。ポリプの時代はない。世界の暖海に広く分布し、日本でも本州の中部地方以南の太平洋岸に普通にみられるが、北海道沿岸からも記録されている。本種はオオカラカサクラゲGeryonia proboscidalisとよく似ているが、小形であることと、放射管が4本(後者では6本)であることによって容易に区別される。[山田真弓]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カラカサクラゲの関連キーワード唐傘水母大傘水母

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android