コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラカルパク語 カラカルパクご Karakalpak language

3件 の用語解説(カラカルパク語の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラカルパク語
カラカルパクご
Karakalpak language

ウズベキスタンのカラカルパク自治共和国を中心に隣接の諸共和国とアフガニスタンで話される言語。チュルク諸語の一つで,キルギス語などとともにその北西方言 (キプチャク方言) に属する。特にカザフ語とは,その一方言といってもよいほど近い関係にある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

カラカルパクご【カラカルパク語 Karakalpak】

中央アジア,ウズベキスタン共和国のカラカルパクスタン自治共和国をはじめウズベキスタンの他の地域やアフガニスタンでも話されている言語。1989年現在,ソ連内に61万5500人のカラカルパク人がいて,そのうち90%以上がこの言語を母語とする。カラカルパクスタン自治共和国の最も有力な言語ではあるが,同国に住むカラカルパク人は総人口の約3割を占めるにすぎず,ほかにウズベク族カザフ族が多い。言語の系統としてはチュルク諸語に属し,カザフ語ノガイ語に近い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カラカルパク語
からかるぱくご
Karakalpak

ウズベキスタン共和国内の北西部にあるカラカルパク自治共和国で約40万人(1989)が使用している、トルコ系諸言語の一つ。アフガニスタンにも1万人以上のカラカルパク人が住んでいる。トルコ語族のうち中央語派に属し、カザフ語ときわめて近い関係にある。北東方言と南西方言に分かれるが、前者が文語の基礎となっている。正書法はアラビア・ペルシア文字から、1928年にラテン文字へ、そして40年からはキリル文字のものを採用していたが、94年ラテン化が決定された。[竹内和夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カラカルパク語の関連キーワードウズベク語キルギス語シルダリアトルキスタンヌクスアクモラ花剌子模カラカルパクスタン[自治共和国]ゼラフシャン[川]ベトパク・ダラ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone