コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラカルパク語 カラカルパクごKarakalpak language

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラカルパク語
カラカルパクご
Karakalpak language

ウズベキスタンのカラカルパク自治共和国を中心に隣接の諸共和国とアフガニスタンで話される言語チュルク諸語の一つで,キルギス語などとともにその北西方言 (キプチャク方言) に属する。特にカザフ語とは,その一方言といってもよいほど近い関係にある。話し手約 40万人。ロシア文字による文字言語を有する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カラカルパクご【カラカルパク語 Karakalpak】

中央アジア,ウズベキスタン共和国のカラカルパクスタン自治共和国をはじめウズベキスタンの他の地域やアフガニスタンでも話されている言語。1989年現在,ソ連内に61万5500人のカラカルパク人がいて,そのうち90%以上がこの言語を母語とする。カラカルパクスタン自治共和国の最も有力な言語ではあるが,同国に住むカラカルパク人は総人口の約3割を占めるにすぎず,ほかにウズベク族,カザフ族が多い。言語の系統としてはチュルク諸語に属し,カザフ語ノガイ語に近い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カラカルパク語
からかるぱくご
Karakalpak

ウズベキスタン共和国内の北西部にあるカラカルパク自治共和国で約40万人(1989)が使用している、トルコ系諸言語の一つ。アフガニスタンにも1万人以上のカラカルパク人が住んでいる。トルコ語族のうち中央語派に属し、カザフ語ときわめて近い関係にある。北東方言と南西方言に分かれるが、前者が文語の基礎となっている。正書法はアラビア・ペルシア文字から、1928年にラテン文字へ、そして40年からはキリル文字のものを採用していたが、94年ラテン化が決定された。[竹内和夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カラカルパク語の関連キーワードカラカルパク族

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android