カラマツガイ(英語表記)Siphonaria japonica; Japanese siphon limpet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラマツガイ
Siphonaria japonica; Japanese siphon limpet

軟体動物門腹足綱コウダカカラマツガイ科の貝。殻口長 2cm,殻口径 1.8cm,殻高 0.7cm。殻は笠形殻頂は左後側に寄り,少しねじれる。殻表は,殻頂から放射肋が走り,成長脈と交ってやや格子目状となっている。黄色の殻皮をかぶるが,殻頂と肋間は黒い。殻内面は紫黒色で光沢があり,外套線は右方に開く。笠形をしているが,カサガイ類ではなく,マイマイ類と同じ有肺類に属す。肺呼吸をするため,呼吸口が右前方に伸びる。北海道南部から九州,朝鮮半島の潮間帯下部の岩礁上の一定の場所にすみ,干潮時になると採餌のためはい出し,また元の場所に戻るという帰家性がある。春から夏にゼラチン質の指輪状の卵塊を産む。卵は黄色であるが,発生が進むと褐色になる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カラマツガイ
からまつがい / 唐松貝
Japanese siphon shell
[学]Siphonalia japonica

軟体動物門腹足綱コウダカカラマツガイ科の巻き貝。北海道南部から熱帯西太平洋まで分布し、岩礁の潮間帯にすみ、「家」ともよばれる一定の場所に付着していて、干潮になるとそこから出て餌(えさ)をあさり、同じ道を通って帰ってくる習性(帰家本能)がある。海生の貝であるが有肺類なので空気呼吸をする。殻長20ミリメートル、殻高7ミリメートルに達し、殻は笠形で、殻頂はいくらか後左側に寄る。殻表には放射肋(ろく)があり、殻の内側は紫褐色である。春季、岩礁上に寒天質でリング状の卵嚢(らんのう)を産み付ける。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android