コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラマツガイ カラマツガイSiphonaria japonica; Japanese siphon limpet

2件 の用語解説(カラマツガイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラマツガイ
カラマツガイ
Siphonaria japonica; Japanese siphon limpet

軟体動物門腹足綱コウダカカラマツガイ科の貝。殻口長 2cm,殻口径 1.8cm,殻高 0.7cm。殻は笠形,殻頂は左後側に寄り,少しねじれる。殻表は,殻頂から放射肋が走り,成長脈と交ってやや格子目状となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カラマツガイ
からまつがい / 唐松貝
Japanese siphon shell
[学]Siphonalia japonica

軟体動物門腹足綱コウダカカラマツガイ科の巻き貝北海道南部から熱帯西太平洋まで分布し、岩礁の潮間帯にすみ、「家」ともよばれる一定の場所に付着していて、干潮になるとそこから出て餌(えさ)をあさり、同じ道を通って帰ってくる習性(帰家本能)がある。海生の貝であるが有肺類なので空気呼吸をする。殻長20ミリメートル、殻高7ミリメートルに達し、殻は笠形で、殻頂はいくらか後左側に寄る。殻表には放射肋(ろく)があり、殻の内側は紫褐色である。春季、岩礁上に寒天質でリング状の卵嚢(らんのう)を産み付ける。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone