コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラマンリス カラマンリス Karamanlis, Konstantinos

3件 の用語解説(カラマンリスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラマンリス
カラマンリス
Karamanlis, Konstantinos

[生]1907.3.8. オスマン帝国,プロティ
[没]1998.4.23. ギリシアアテネ
ギリシアの政治家。首相(在任 1955~63,1974~80)。大統領(在任 1980~85,1990~95)。アテネ大学で法律を学び,卒業後アテネで弁護士を開業。1935年人民党から議会議員に当選。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

カラマンリス
カラマンリス
Karamanlis, Kostas

[生]1956.9.14. アテネ
ギリシアの政治家。首相(在任 2004~09)。本名 Konstantinos Karamanlis。コンスタンティノス・カラマンリスの甥。青年時代に新民主主義党 NDで政治活動を始めた。1979年アテネ大学で法学の学位を取得,のちにギリシア・アメリカン大学で経済学を学んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カラマンリス
からまんりす
Konstantinos Karamanlis
(1907―1998)

ギリシアの政治家。元大統領。マケドニアに生まれ、アテネ大学を卒業後弁護士に、ついで国会議員になった。1946年以降労相、国防相、公共事業相などを歴任した。1956年に国民急進同盟を結成、1955年以後首相を務めたが、1963年に国王と対立して辞任し、渡仏した。1974年の軍事政権崩壊後、歓呼のなかを帰国し首相に復帰した。ただちに新民主党を結成、1980年5月には大統領に転出した。しかし経済危機解決に成功せず、1981年の選挙で新民主党は左翼に大敗した。1985年大統領辞任。1990年5月~1995年3月、ふたたび大統領を務めた。[木戸 蓊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カラマンリスの関連キーワードアテナイアテネアテネの学堂アテネフランセマラトンアテネ国立庭園アティナアテネクラシックマラソンアテネの廃墟アテネのメダル数

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カラマンリスの関連情報