コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラー・コンディショニング カラー・コンディショニング colour conditioning

1件 の用語解説(カラー・コンディショニングの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラー・コンディショニング
カラー・コンディショニング
colour conditioning

公共建築施設や交通機関の内外装,オフィス・レイアウトにおいて,色彩を科学的に応用する方法。アメリカで 1940年以降,日本では 50年以降に急速に進歩した。目的としては,(1) 環境を適切な明るさとし,疲労の減少,能率の増進,不良品の減少,照明効果の増大をはかる,(2) 色彩感情を利用して勤労意欲の向上,倦怠の防止,欠勤率を減少させる,(3) 標識色の統一による事故災害の防止,物品の取扱いを確実かつ容易にすることなどがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カラー・コンディショニングの関連キーワード公共建築オフィスガールオフィスビルオフィスレディーMSオフィス公共交通機関公共建築月間公共建築の日地域公共交通活性化事業交通機関の3要素

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone