カリウム・マグネシウム剤(読み)カリウムマグネシウムザイ

病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版の解説

カリウム・マグネシウム剤

製品名
《L‐アスパラギン酸カリウム・L‐アスパラギン酸マグネシウム配合剤》
アスパラ田辺三菱製薬、ニプロESファーマ)

 カリウムマグネシウムの補給剤です。


 カリウムは筋肉に多く存在するミネラルで、心臓(心筋)や筋肉のはたらきを調節しています。


 マグネシウムは骨・筋肉に多く存在し、筋肉や神経の興奮を抑えたり、カルシウムの過剰な作用を抑えるはたらきがあります。


 この薬は、心筋(心臓を形成する筋肉)の収縮を調節する作用、肝臓にとって有害なアンモニアや炭酸ガスを排泄はいせつする作用があり、肝臓の病気や心臓の病気の人のカリウムとマグネシウムの補給に使われます。


 また、降圧利尿剤副腎皮質ふくじんひしつホルモン剤・ジギタリス系強心剤などを長期間使用している人、低カリウム血症型周期性四肢麻痺まひ重症嘔吐下痢、カリウム摂取不足および手術後などのカリウム補給にも使われています。


 心臓伝導障害がおこることがあります。このような場合は、使用をやめ、すぐに医師に報告してください。


 下痢、食欲不振、吐き気・嘔吐おうと、腹部膨満感、倦怠感けんたいかん(だるさ)、ほてりなどの症状がおこることがあります。このような症状がおこったら、医師に相談してください。


錠剤で、食後の服用が原則です。ただし、1日の使用回数と使用時間・1回の使用量については医師の指示をきちんと守り、かってに中止したり、増量・減量しないでください。


 また、十分な水(コップ1杯の水)で飲んでください。


②あらかじめ問診の際に、持病・アレルギーなどの体質・現在使用中の薬の有無を医師に報告してください。


 とくに、アジソン病、高カリウム血症、高マグネシウム血症、消化管通過障害といった病気がある人、重い腎臓病じんぞうびょうや腎機能障害がある人やその疑いがある人、この薬で過敏症を起こしたことのある人、エプレレノン製剤を使用中の人にも使用できません。あらかじめ必ず医師に報告してください。


 また、低出生体重児、新生児、乳児には原則として使用しません。

出典 病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版について 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android