コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カリッサ karaunda

2件 の用語解説(カリッサの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カリッサ【karaunda】

高さ4~5mのキョウチクトウ科の常緑低木で,節から鋭いとげが2本生じ,先端は通常1~2回,二叉(にさ)に分かれている。花は白色で美しく芳香があり,熱帯地方ではとげがあるので,人畜の侵入を防ぐために生垣として利用される。対生する葉は楕円形で先はわずかにとがり長さ5cm内外,濃緑色で光沢がありやや厚く硬い。花は径3cmくらいで,花弁は厚く5片に分かれ,星状を呈する。おしべは5本ある。果実は紡錘状で長さ4~5cm,熟すと赤色となり美しく,完熟すると紫黒色となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カリッサ
かりっさ
[学]Carissa

キョウチクトウ科の低木で、35種ある。原生地は熱帯アフリカ、熱帯アジアで、果樹としての利用が多い。英名のカリッサC. carandas L.をさす。高さ数メートルで乳状の樹液ラテックスlatexを含む。枝節に対をなしたY字型の刺(とげ)がある。葉は対生し、卵形、長さ7センチメートル。花は筒部は淡紅色、花冠は白色で5弁、直径2センチメートル、芳香があり、通年開花する。果実は液果、長楕円(ちょうだえん)、長さ2.5センチメートルで暗紫色に熟し、種子は4個ある。乳液があり、甘味、酸味がよく調和し、生食、ジャム、ゼリー、タルト(パイの一種)などにする。薬用ともなり、生け垣にもする。オオバナカリッサC. grandiflora A. DC.は南アフリカ原産で大果をつける。[飯塚宗夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カリッサの関連情報