コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カリフォルニア半島(読み)カリフォルニアハントウ

百科事典マイペディアの解説

カリフォルニア半島【カリフォルニアはんとう】

メキシコ北西部の細長い半島。長さ約1200km,幅48〜240km,面積約14万km2。山がちな地形で乾燥し,植物が少ない。行政上はバハ・カリフォルニア・ノルテ州(州都メヒカリ),バハ・カリフォルニア・スル州(州都ラ・パス)に分かれる。米国の禁酒法時代(1920年―1933年)には多くの米国人が訪れた。1970年代からリゾート開発が進み,釣り,ダイビング,ヨットなどのアウトドア・スポーツが盛ん。太平洋側の潟や小湾ではホエール・ウォッチングが知られる。17―18世紀のイエズス会の教会が各地に残っている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カリフォルニアはんとう【カリフォルニア半島 California Península】

北アメリカ西岸,メキシコ北西端から南南東に延びる細長い半島。長さ1200km,幅50~250km,面積約14万km2。シエラ・ネバダ山脈から連なる山脈のため,全体に山がちで,乾燥気候のため,山地には樹木が少ない。半島の北部は灌漑による綿花栽培が,南部は野菜栽培が行われるが,人口は少ない。N.B.deグスマンH.コルテスについで,1539年この地域を探検したフランシスコ・デ・ウリョアFrancisco de Ulloaは,島ではなく半島であることを確かめた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

カリフォルニアはんとう【カリフォルニア半島】

メキシコ北西部、太平洋に突き出た長さ約1200キロメートルの南北に細長い半島。大部分が不毛地。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カリフォルニア半島
かりふぉるにあはんとう
California Peninsula

メキシコ北西部にある半島。太平洋とカリフォルニア湾に挟まれ南東に細長く延びる半島で、幅200キロメートル、長さ1200キロメートルに達する。地形はアメリカのシエラ・ネバダ山脈から延びる山地で、北からフアレス、サン・ペドロ・マルティル、ヒガンタの各山脈が背骨をなす。北部は灌漑(かんがい)による綿花地域、南部にはビスカイノ砂漠があり、南端の海岸ではエビ漁業が盛んである。[高木秀樹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カリフォルニア半島の関連情報