コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カリーニン カリーニン Kalinin, Mikhail Ivanovich

6件 の用語解説(カリーニンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カリーニン
カリーニン
Kalinin, Mikhail Ivanovich

[生]1875.11.7/19. ベルフニャヤトロイツァ,トベリ
[没]1946.6.3. モスクワ
ソ連の政治家。農民の出身であるが,のちペテルブルグに出て旋盤工として働き,1898年ロシア社会民主労働党に入党。地下革命運動を行い,たびたび投獄された。 1912年には党中央委員候補に選ばれ『プラウダ』紙創刊に参画。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

カリーニン
カリーニン

トベリ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

カリーニン(Mikhail Ivanovich Kalinin)

[1875~1946]ソ連の政治家。中央執行委員会議長・最高会議幹部会議長を歴任。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カリーニン

トベーリ

カリーニン

ソ連の政治家。1898年からロシア社会民主労働党員。1903年ボリシェビキの一員となり,1917年十月革命の際はペトログラード党指導者の一人。全ロシア中央執行委員会議長(1919年―1922年),ソ連邦中央執行委員会議長(1923年―1938年),党政治局員(1925年―1946年),最高幹部会議長(1938年―1946年)として死に至るまでソ連最高指導者の一人。
→関連項目ビロビジャン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

カリーニン【Mikhail Ivanovich Kalinin】

1875‐1946
ソ連邦の政治家。農民出身の労働者で,ペテルブルグ労働者階級解放闘争同盟にも参加した古参ボリシェビキである。十月革命後は急逝したスベルドロフのあとをうけ,1919年全ロシア中央執行委員会議長,ソ連邦形成(1922)後はソ連邦中央執行委員会議長,つづいて38‐46年はソ連邦最高会議幹部会議長として,28年間国家元首をつとめ,特に農民のソビエト国家への統合の象徴となる。1925年末から共産党政治局員として,主流派の誠実な指導者の役割をはたした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のカリーニンの言及

【トベーリ】より

…人口45万9300(1993)。トベーリを,この州出身の革命家M.I.カリーニンを記念して1931年にカリーニンと改称。90年旧称にもどる。…

【トベーリ】より

…人口45万9300(1993)。トベーリを,この州出身の革命家M.I.カリーニンを記念して1931年にカリーニンと改称。90年旧称にもどる。…

※「カリーニン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カリーニンの関連キーワードゴルバチョフソ連フストボロシーロフミコヤンシャフツベリーソ連邦所定労働日イサコーフスキーペトロフスキー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カリーニンの関連情報