コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルタニセッタ Caltanissetta

2件 の用語解説(カルタニセッタの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カルタニセッタ【Caltanissetta】

イタリア南部,シチリア州の同名県の県都。人口6万2850(1990)。シチリア島のほぼ中央部,標高588mにある。付近にはギリシア時代の墳墓遺跡が多く,かつては硫黄生産の中心地として知られたが,20世紀初めにアメリカとの競争で衰退し,現在は鉱山のほとんどが廃鉱となったうえ,見るべき製造業もない。この地方は,農業も灌漑の不備等で振るわず,19世紀以来移民を多く出しており,シチリアでも特に開発が遅れている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カルタニセッタ
かるたにせった
Caltanissetta

イタリア、シチリア島中央部、カルタニセッタ県の県都。人口6万0878(2001国勢調査速報値)。古代の町ニッサNissaを前身とする。同島の硫黄(いおう)生産の中心地で、19世紀末ごろに最盛期を迎えたが、その後生産は徐々に縮小し、現在では廃坑同然となっている。みるべき工業も発達せず、農産物の集散地、地方行政の中心地として、一定の重要性をもつにとどまる。[堺 憲一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カルタニセッタの関連キーワードシャッカチェファルーパレルモマルサラ両シチリア王国タオルミーナバゲリーアプレトリア広場マツァーラデルバッロモンレアーレ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone