カルタニセッタ(英語表記)Caltanissetta

世界大百科事典 第2版の解説

カルタニセッタ【Caltanissetta】

イタリア南部,シチリア州の同名県の県都。人口6万2850(1990)。シチリア島のほぼ中央部,標高588mにある。付近にはギリシア時代の墳墓遺跡が多く,かつては硫黄生産の中心地として知られたが,20世紀初めにアメリカとの競争で衰退し,現在は鉱山のほとんどが廃鉱となったうえ,見るべき製造業もない。この地方は,農業灌漑の不備等で振るわず,19世紀以来移民を多く出しており,シチリアでも特に開発が遅れている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カルタニセッタ
かるたにせった
Caltanissetta

イタリア、シチリア島中央部、カルタニセッタ県の県都。人口6万0878(2001国勢調査速報値)。古代の町ニッサNissaを前身とする。同島の硫黄(いおう)生産の中心地で、19世紀末ごろに最盛期を迎えたが、その後生産は徐々に縮小し、現在では廃坑同然となっている。みるべき工業も発達せず、農産物の集散地、地方行政の中心地として、一定の重要性をもつにとどまる。[堺 憲一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android