カルタニセッタ(英語表記)Caltanissetta

世界大百科事典 第2版の解説

カルタニセッタ【Caltanissetta】

イタリア南部,シチリア州の同名県の県都。人口6万2850(1990)。シチリア島のほぼ中央部,標高588mにある。付近にはギリシア時代の墳墓遺跡が多く,かつては硫黄生産の中心地として知られたが,20世紀初めにアメリカとの競争で衰退し,現在は鉱山のほとんどが廃鉱となったうえ,見るべき製造業もない。この地方は,農業も灌漑の不備等で振るわず,19世紀以来移民を多く出しており,シチリアでも特に開発が遅れている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カルタニセッタ
かるたにせった
Caltanissetta

イタリア、シチリア島中央部、カルタニセッタ県の県都。人口6万0878(2001国勢調査速報値)。古代の町ニッサNissaを前身とする。同島の硫黄(いおう)生産の中心地で、19世紀末ごろに最盛期を迎えたが、その後生産は徐々に縮小し、現在では廃坑同然となっている。みるべき工業も発達せず、農産物の集散地、地方行政の中心地として、一定の重要性をもつにとどまる。[堺 憲一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android