コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルムイク語 カルムイクごKalmyk language

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルムイク語
カルムイクご
Kalmyk language

モンゴル語の一つ。カルマック語ともいう。自称はハリマク xalimɐg。ボルガ川下流のロシア,カルムイク共和国で話される。話し手約 13万人。ホブド地方のオイラート語の話し手の一部が移住したもので,カルムイク語もオイラート語も,ともに両者の総称としても用いられる。狭義のカルムイク語は,デルベット方言,ブザーワ方言,トルグート方言に分れる。ロシア文字による文字言語を有する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カルムイクご【カルムイク語 Kalmyk】

モンゴル諸語オイラート方言(オイラート語)の中の有力な言語で,しばしば,オイラート方言の別称としても用いられる。歴史的には,17世紀初めにイリ地方からボルガ河岸に移住したオイラート族の言語が時の経過につれてカルムイク語として形成されたものである。現代のカルムイク語は,ロシア連邦北カフカスのカルムイク共和国のカルムイク人およびアストラハン,ロストフ,ボルゴグラードの諸地域に住むカルムイク人(約14万人)によって話され,デルベト,トルグート,ブザーワの3方言に分かれている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カルムイク語
かるむいくご
Калмык Kalmk

ロシア連邦カスピ海北西岸のカルムイキア(カルムイキア・ハリムグ・タングチ)共和国に住むモンゴル系カルムイク人の言語。カルムイク人は17世紀初めにジュンガリア方面から移動し、ボルガ川下流に住み着いたオイラート人の一部で、言語人口約17万4000。母音は前舌のi,eと後舌のu,o,aのほかに、前舌円唇の[y]と]をもつ。長母音と短母音の別がある。ut「長い」、t「袋」。名詞には単数と複数の別があり、9格に変化する。名詞al「火」において、属格の「の」では-in、与格「に」では-d、対格「を」では-ig、奪格「から」では-as、具格「で」では-ar、共格「と」では-ta、競合格「とともに」では-la、方向格「のほうへ」では-urがつき、所有語尾が名詞に付加される。ax-m「私の兄」、ax-tn「君の兄」。また、代名詞bi「私」、ti「君」、bidn「私たち」、tadn「君たち」が動詞形の末尾に添加されて人称変化をつくりだしている。nd-na-w(←bi)「私が遊ぶ」、nd-na-t(←ti)「君が遊ぶ」。-na-は現在時制を表す。表記法は1938年にキリル文字化されたが、それ以前は蒙古(もうこ)文字が使用されていた。[小泉 保]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカルムイク語の言及

【オイラート語】より

…オイラート方言ともいう。オイラート語はさらに,(1)カルムイク方言(カルムイク語ともいう)と,(2)その他のオイラート下位方言,すなわちコブト地域のドルボド方言とバイト方言,アルタイ地域のトゥルグート,ウリヤンハ,ザハチン,ミンガトの諸方言,ダムビのオロート方言などに分かれる。オイラート人は,古く1648年にホシュート族の高僧ザヤ・パンディタZaya Panditaによって創案されたトドTodo文字(〈明白な〉文字の意で,蒙古文字(モンゴル文字)に若干の改良を施したもの)をもって自己の言語を書写してきたが,これが,いわゆるオイラート文語であり,この文字は現在でも中国の新疆ウイグル自治区に住むオイラート人によって用いられている。…

【モンゴル諸語】より

…しばしばハルハ語とも)と内モンゴル自治区で話されるチャハル・モンゴル語(チャハル方言)をあげることができ,また,西部方言の代表として,ロシア連邦のカルムイク共和国のカルムイク・モンゴル語(カルムイク方言。しばしばカルムイク語とも)をあげることができる。また,同じくロシア連邦のブリヤート共和国で話されるブリヤート・モンゴル語(ブリヤート方言。…

※「カルムイク語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カルムイク語の関連キーワードグスタフ・J. ラムステッドラムステッド グスタフW. コトヴィチポズドネーエフラムステットラムステッドシュミットモンゴル語母音調和

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android