カルメン故郷に帰る(読み)カルメンコキョウニカエル

デジタル大辞泉の解説

カルメンこきょうにかえる〔‐コキヤウにかへる〕【カルメン故郷に帰る】

木下恵介監督・脚本による映画の題名。昭和26年(1951)公開。東京のストリッパーが田舎に里帰りしたことで起こる騒動をコミカルに描く。日本映画初のカラー作品。出演、高峰秀子、小林トシ子、坂本武ほか。第6回毎日映画コンクール脚本賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

カルメン故郷に帰る

1951年公開の日本映画。日本映画初のカラー作品。監督・脚本:木下恵介。出演:高峰秀子、小林トシ子、坂本武、磯野秋雄、望月美惠子、小池清、佐野周二ほか。第6回毎日映画コンクール脚本賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カルメンこきょうにかえる【カルメン故郷に帰る】

1951年製作の木下恵介監督による映画。日本最初の総天然色映画(この宣伝文句で売り出された)。国産カラー(フジカラー)による長編映画の画期的な試みであったが(ロケ地もカラー効果をねらって,浅間山が背景に見えるふもとの村が選ばれた),まだカラーが全面的に信用できない段階で,同時にモノクロでも撮影されたので,2本の作品がある。カラー作品の公開は東京,大阪などの大都市だけで,地方ではモノクロ作品が公開された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カルメン故郷に帰るの関連情報