コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルメン故郷に帰る カルメンコキョウニカエル

デジタル大辞泉の解説

カルメンこきょうにかえる〔‐コキヤウにかへる〕【カルメン故郷に帰る】

木下恵介監督・脚本による映画の題名。昭和26年(1951)公開。東京のストリッパーが田舎に里帰りしたことで起こる騒動をコミカルに描く。日本映画初のカラー作品。出演、高峰秀子、小林トシ子、坂本武ほか。第6回毎日映画コンクール脚本賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

カルメン故郷に帰る

1951年公開の日本映画。日本映画初のカラー作品。監督・脚本:木下恵介。出演:高峰秀子、小林トシ子、坂本武、磯野秋雄、望月美惠子、小池清、佐野周二ほか。第6回毎日映画コンクール脚本賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カルメンこきょうにかえる【カルメン故郷に帰る】

1951年製作の木下恵介監督による映画。日本最初の総天然色映画(この宣伝文句で売り出された)。国産カラー(フジカラー)による長編映画の画期的な試みであったが(ロケ地もカラー効果をねらって,浅間山が背景に見えるふもとの村が選ばれた),まだカラーが全面的に信用できない段階で,同時にモノクロでも撮影されたので,2本の作品がある。カラー作品の公開は東京,大阪などの大都市だけで,地方ではモノクロ作品が公開された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

カルメン故郷に帰るの関連キーワード日本映画史(年表)ブルーリボン賞カルメン純情す成島 東一郎小林 節太郎木下 恵介望月 優子高松 栄子佐野 周二松竹(株)佐田啓二楠田浩之高村 潔木下忠司喜劇映画高村潔

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カルメン故郷に帰るの関連情報