コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルメン故郷に帰る カルメンコキョウニカエル

3件 の用語解説(カルメン故郷に帰るの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

カルメンこきょうにかえる〔‐コキヤウにかへる〕【カルメン故郷に帰る】

木下恵介監督・脚本による映画の題名。昭和26年(1951)公開。東京のストリッパーが田舎に里帰りしたことで起こる騒動をコミカルに描く。日本映画初のカラー作品。出演、高峰秀子、小林トシ子、坂本武ほか。第6回毎日映画コンクール脚本賞受賞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

カルメン故郷に帰る

1951年公開の日本映画。日本映画初のカラー作品。監督・脚本:木下恵介。出演:高峰秀子、小林トシ子、坂本武、磯野秋雄、望月美惠子、小池清、佐野周二ほか。第6回毎日映画コンクール脚本賞受賞。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

カルメンこきょうにかえる【カルメン故郷に帰る】

1951年製作の木下恵介監督による映画。日本最初の総天然色映画(この宣伝文句で売り出された)。国産カラー(フジカラー)による長編映画の画期的な試みであったが(ロケ地もカラー効果をねらって,浅間山が背景に見えるふもとの村が選ばれた),まだカラーが全面的に信用できない段階で,同時にモノクロでも撮影されたので,2本の作品がある。カラー作品の公開は東京,大阪などの大都市だけで,地方ではモノクロ作品が公開された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カルメン故郷に帰るの関連キーワードたたり少年期ダンボ海の花火女の園サスペリア知恵の木宝塚映画製作所木下忠司楠田浩之

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カルメン故郷に帰るの関連情報