コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルルク(葛邏禄) カルルクQarluq; Karlukh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルルク(葛邏禄)
カルルク
Qarluq; Karlukh

哈剌魯とも写す。古代中央アジアの遊牧民族。6世紀頃,新疆北部の天山以北の草原に姿を現し,突厥帝国 (551~744) ,ウイグル帝国 (744~840) と交渉をもった。8世紀中頃のチュルギシュ (突騎施) の滅亡後,その故領であったセミレチエ地方を支配し,10世紀中頃にカラハン朝が出現するとそれに服属し,さらに 12世紀には西遼 (カラ・キタイ) の支配下に入った。 13世紀初めになると,その首領アルスラン・ハンはモンゴルのチンギス・ハンに降伏してその皇女と結婚し,アルスランの所領カヤリグは,チンギスの次男チャガタイの領地となった。これがカルルクの史上に現れたほぼ最後である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カルルク(葛邏禄)の関連キーワードウズミシュ・カガン(烏蘇米施可汗)クトルク・ボイラ(骨力裴羅)バスミル(抜悉密)カラハン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android