コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルロビ・バリ カルロビバリ

2件 の用語解説(カルロビ・バリの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

カルロビ・バリ

チェコ西部,西ボヘミアの温泉・保養地。ドイツ名はカールスバートKarlsbadプラハ西方120km,標高374mの谷にある。温泉は神聖ローマ皇帝カール4世によって1349年に創設され,町の名は〈カール王の温泉〉の意を持つ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カルロビ・バリ
かるろびばり
Karlovy Vary

チェコのボヘミア地方西部、テプラ川がオフジェ川に合流する谷沿いの著名な温泉保養都市。人口5万3857(2001)。第二次世界大戦まではドイツ人の町であり、ドイツ語名をカールスバートKarlsbadという。12の鉱泉が飲用による治療に用いられている。伝統的な陶器、ガラス製品リキュールの生産でも知られる。町名はカール4世にちなみ、600年以上の歴史をもつが、国際的保養地として18世紀に急速に発展し、19世紀に最盛期を迎えた。ゲーテシラーベートーベンショパン、ゴーゴリ、マルクスなども滞在し、その記念像や碑、バロック様式の聖マリア・マグダレナ教会や、19世紀につくられたコロネード(湯治客が散策しながら鉱泉を飲むことができる柱廊)やオペラ劇場が残されている。国際映画祭などが催される文化的中心地でもある。1819年8月、メッテルニヒによってドイツに属する九つの領邦の大臣がこの地に集められ、反自由主義的緊急諸法令の制定について決議した(カールスバートの決議)。[中田瑞穂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カルロビ・バリの関連キーワードカルロビバリチェコドボルザークボヘミアマリアーンスケーラーズニェマルティヌーモラビア売られた花嫁ボヘミアガラスブジーデルニーコロナーダ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone