コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カレヒバ Abietinaria costata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カレヒバ
Abietinaria costata

刺胞動物門ヒドロ虫綱レプトテカータ目ウミシバ科。浅海の岩につくヒドロ虫類の一種で,高さ 4~8cmの群体を形成する。群体は褐色で,幹から左右交互に枝を出し,その上にたくさんのヒドロ莢が並ぶ。群体の形が枯れたヒノキ(ヒバ)の小枝に似ているため,この名がある。各ヒドロ莢にはヒドロ花が入っていて触手を広げて餌をとるが,それぞれのヒドロ花は共肉によって互いに連絡しているので,1個のヒドロ花がとった栄養はほかのヒドロ花の栄養にもなる。生殖体は細長い卵形で,縦に隆起した筋が 4~5本ある。北海道から東北地方の沿岸に分布する。(→刺胞動物ヒドロ虫類無脊椎動物

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カレヒバ【Abietinaria costata】

ヒドロ虫綱ウミシバ科の腔腸動物(刺胞動物)。北海道から東北地方の沿岸に分布し,浅海の岩の上にヒドロ根で着生する。高さ5~8cmの幹から左右へ交互に枝をだし,ちょうどヒバの枝のような褐色の群体をつくる。幹はほぼまっすぐで,くびれによって規則的に小さな節に分かれ,そこから枝を左右に互生し,一平面に広がる。枝には半互生あるいは半対生にヒドロ莢(きよう)をつける。ヒドロ莢はほぼ円筒形で,先端にまるい口が開き,そこに1個のふたが付着している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カレヒバ
かれひば / 枯檜葉
[学]Abietinaria costata

腔腸(こうちょう)動物門ヒドロ虫綱有鞘(ゆうしょう)目に属する海産動物。群体を形成し、その群体は濃褐色で高さ8センチメートルほどに達し、その形がヒノキの小枝に似ているのでこの名がある。幹には多くの枝が互生し、それらは一平面上に広がっている。幹と枝上には個虫を包むヒドロ莢(きょう)が並んでおり、そのヒドロ莢の口縁は平滑で1個の蓋(ふた)がある。また幹の片面上には生殖体を包む生殖莢がほぼ2縦列をなして生じ、これらは紡錘形で、口は丸くて小さく、壁には5本ほどの顕著な縦肋(じゅうろく)がみられる。本州北部と北海道各地の浅海に普通で、岩などに付着してみられる。[山田真弓]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android