コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンペール Quimper

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンペール
Quimper

フランス西部,フィニステール県県都。オデー川下流の河港都市。商業中心地で,金属工業などもあるが,特に 17世紀以来の伝統をもつ陶器が有名。ブルターニュ観光の一中心地で,ゴシック様式の聖コランタン大聖堂 (13~16世紀) ,博物館などがあり,毎年7月の祭りには,ブルターニュ全域の伝統的衣装と髪飾りを着けたパレードが行われる。人口6万 2541 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

カンペール(Quimper)

フランス西部、ブルターニュ地方、フィニステール県の都市。同県の県都。プルターニュ半島南西部、オデ川沿いに位置する。旧市街には13世紀から15世紀にかけて建造された同地方初のゴシック聖堂、サンコランタン大聖堂がある。17世紀末より、カンペール焼とよばれる陶器が作られている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

カンペール【Quimper】

フランス西部,ブルターニュ半島先端フィニステール県の県都で,オデ川下流の河港都市。人口6万3000(1990)。地名はブルトン語のケンペールkemper(合流点)に由来する。13~15世紀の大聖堂も有名であるが,その周辺の古い町並み,時たま出会う伝統衣装やブルトン語,そして7月第4日曜日のコルヌアイユ大祭にみる民族衣装や歌と踊りは,ブルターニュ随一の伝統都市の名に恥じない。陶器の製造が17世紀以来の地場産業である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カンペール
かんぺーる
Quimper

フランス西部、フィニステール県の県都。人口6万3238(1999)。ブルターニュ半島南西部のオデ川に沿う都市。かつてはコルヌアーユ伯爵領の首都(カンペール・コランタン)であった。司教座の所在地。大都市から離れているが、食品、繊維工業が盛んであり、カンペール焼とよばれる伝統的な陶器業が有名である。ブルターニュ南部の観光の中心地でもある。ゴシック建築のサン・コランタン大聖堂(13~15世紀建造)がある。[高橋伸夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カンペールの関連キーワードマックス ジャコブコルヌアイユの祭りロクロナンラエネックジャコブラエネクフレロンコアフ顔面角セビヨラ岬

カンペールの関連情報