コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンポ・フォルミオ条約 かんぽふぉるみおじょうやく

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カンポ・フォルミオ条約
かんぽふぉるみおじょうやく

1797年10月7日、フランスとオーストリアとの間で結ばれた講和条約。カンポ・フォルミオCampo Formioはイタリアの小村名。96年春以来北イタリアの各地でオーストリア軍を連破したナポレオンにより主唱され、両国間で調印された。これにより、オーストリアはベネチアを領有するが、ロンバルディアを放棄する。フランスはイオニア諸島とネーデルラントを保有し、さらにライン川左岸の地を確保することをオーストリアに約束せしめた。しかし、98年ナポレオンがエジプト遠征を行うや、イギリスの提唱する第2回対仏大同盟にロシア、オーストリアなど諸国が加わり、ライン戦線でもフランスが劣勢に転じた結果、おのずから条約の効力は失われ、ふたたび両国は戦争状態に突入した。[金澤 誠]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカンポ・フォルミオ条約の言及

【対仏大同盟】より

…前後7回にわたり,ほとんどすべてのヨーロッパ諸国がそのいずれかに参加してフランスと戦ったが,全体を通じてこれらの同盟の中心となったのはイギリスであり,第1次から第5次まではフランスの勝利に,第6,7次はフランスの敗北に終わった。第1次は,1792‐93年にオーストリア,プロイセン,イギリス,オランダ,スペインなどの間で結ばれたが,フランスとプロイセン,スペインとのバーゼル条約(1795)およびオーストリアとのカンポ・フォルミオ条約(1797)によって解消した。第2次は,98年にイギリス,ロシア,トルコ,オーストリア,両シチリアなどの間で結ばれたが,オーストリアとのリュネビル条約(1801)およびイギリスとのアミアン条約(1802)によって解消した。…

※「カンポ・フォルミオ条約」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カンポ・フォルミオ条約の関連キーワードフランス革命史(年表)チザルピーナ共和国ナポレオン(1世)リュネビルフォスコロ革命戦争総裁政府

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android