カート ラッセル(英語表記)Kurt Russell

20世紀西洋人名事典の解説

カート ラッセル
Kurt Russell


1951.3.17 -
俳優。
マサチューセッツ州スプリングフィールド生まれ。
父はニューヨーク・ヤンキースの選手。1963年、エルビス・プレスリー主演映画「ヤング・ヤング・パレード」で映画デビュー後、ディズニー映画の少年役で活躍。その傍ら3年間プロ野球のマイナー・リーグでプレイするが、肩を痛め、演技に専念。’79年、TVM「ザ・シンガー」で俳優に転向した父と共演し、その後はアクション映画を中心に活躍。私生活では’79年女優シーズン・ヒューブリーと結婚、1男を儲けるが離婚。その後、’84年に「Swing Shift」で共演したゴールディ・ホーンと同棲、1子を儲け、’88年には「潮風のいたずら」で再びホーンと共演。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

現代外国人名録2016の解説

カート ラッセル
Kurt Russell

職業・肩書
俳優

国籍
米国

生年月日
1951年3月17日

出生地
マサチューセッツ州スプリングフィールド

本名
Russell,Kurt von Vogel

経歴
父は名門ヤンキースの選手から俳優になったビング・ラッセル。9歳から子役として活躍し、1963年プレスリー主演の「ヤング・ヤング・パレード」で映画デビュー。以後俳優の道へ進み、約10年間ディズニー映画で活躍。一時プロ野球選手としてプレーするが、肩を故障して再び俳優に専念。’91年「バックドラフト」で人気を不動のものとし、マネー・メイキング・スターの仲間入りを果たした。他の映画出演作に「ニューヨーク1997」(’81年)、「遊星からの物体X」(’82年)、「ゴースト・ハンターズ」(’86年)、「潮風のいたずら」(’87年)、「テキーラ・サンライズ」(’88年)、「デッドフォール」(’89年)、「エスケープ・フロム・LA」(’96年,脚本・製作も)、「ブレーキ・ダウン」(’97年)、「ソルジャー」(’98年)、「夢かける馬ドリーマー」(2005年)、「ポセイドン」(2006年)、「グラインドハウス」「デス・プルーフinグラインドハウス」(2007年)などがある。1982年からコメディ女優のゴールディ・ホーンとパートナーの関係を続けている。’96年初来日。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カート ラッセルの関連情報