カーブ

精選版 日本国語大辞典「カーブ」の解説

カーブ

〘名〙 (curve)
曲線
※明六雑誌‐二三号(1874)内地旅行〈西周〉「一つの曲線(カーブ)を引いたことは」
② (━する) 曲がること。また、道などの曲がっている所。
※夜ふけと梅の花(1925)〈井伏鱒二〉「電車が急にカアブして」
③ 野球で、投手投球が投手の利き腕のの方向に曲がること。また、その球。曲がりながら大きい落差で落ちる場合をドロップということがある。曲球。〔新式ベースボール(1898)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「カーブ」の解説

カーブ(curve)

[名](スル)
曲線。「カーブを描く」
を描くようにして曲がること。また、道などの弧状に曲がったところ。「道がカーブする」
野球で、投手の投球が、打者の近くで投手の利き腕の側とは反対の方へ曲がりながら落ちること。また、その球。
[類語]湾曲紆曲七曲がり九十九折り曲がり曲がる折れる右折左折

カーブ(〈フランス〉cave)

地下貯蔵庫。地下につくった酒蔵。「ワインカーブ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカーブの言及

【野球】より

…球団が功績のあった選手をたたえるため,その背番号を留保し,他の選手に与えないこと。 カーブボールに回転を与える投手の投球。右投手の場合は投手から見て左へ曲がる。…

※「カーブ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android