コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曲る キョクル

デジタル大辞泉の解説

きょく・る【曲る】

[動ラ四]《名詞「きょく(曲)」の動詞化》からかう。ひやかす。
「この番頭はこんたまでが―・るぜえ」〈滑・浮世風呂・三上〉

まが・る【曲(が)る】

[動ラ五(四)]
まっすぐなものが弓形・くの字形などになる。「雪の重みで竹が―・る」「背中が―・る」
道の方向が変わる。「土手の手前で道が―・っている」
進行する向きを変える。「次の角を左に―・る」
正しい位置や方向からそれる。傾く。ゆがむ。「ネクタイが―・っている」
(「まがった」「まがっている」の形で)性質や考えなどが正しくない。すなおでない。「心の―・っている人」「―・ったことはきらいだ」
衰える。「身代が―・る」
[可能]まがれる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょくる【曲る】

( 動四 )
〔名詞「曲」の動詞化〕
ひやかす。からかう。 「二三遍べん人を-・つて行く蛍/おらが春」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

曲るの関連キーワードミヤマキンポウゲ(深山金鳳花)ハクモウイノデ(白毛猪の手)ニクウスバタケ(肉薄歯茸)トラノオシダ(虎の尾羊歯)ムシャリンドウ(武佐竜胆)ヤマイヌワラビ(山犬蕨)カワウソタケ(川獺茸)ウラシマソウ(浦島草)ヤブニンジン(藪人参)ケマンソウ(華鬘草)ファイバースコープホソバノキソチドリイルミンガー海流カモメガイモドキハイドロパシーローレンツ力直立二足歩行相対論的効果ハナゴンドウカワゴンドウ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android