コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カーマーゼン カーマーゼン Carmarthen

2件 の用語解説(カーマーゼンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カーマーゼン
カーマーゼン
Carmarthen

イギリスウェールズ南西部,カーマーゼンシャー行政府所在地。旧カーマーゼンシャー県の県都。ウェールズ語では Caerfyrddin。カーディフ西北西約 90km,ブリストル海峡に注ぐタウイ川の河口から約 15km上流の沿岸にある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カーマーゼン
かーまーぜん
Carmarthen

イギリス、ウェールズ南西部、カーマーゼンシャー県の県都。人口1万3524(1991)。タウイー川の河口近くに臨み、河港を有する商業町。乳製品の集散、加工が行われロンドンへ供給される。市の起源は古く、ローマ時代の砦(とりで)建設時(75ころ)にさかのぼる。当時の遺跡として、5000人を収容する円形劇場跡が近年発見された。1201年にはジョン王から特許状を得ている。中世にはウェールズ王の居住地であったが、今日もその城跡が残っている。[久保田武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カーマーゼンの関連キーワードカーディガンカーディフカーナーボンビューマリスウェールズ・ナショナル・オペラ管弦楽団BBCウェールズ・ナショナル管弦楽団マックスウェルズ・シルヴァー・ハンマーセント・ジョージ海峡プリンス・オブ・ウェールズ(イギリス皇太子)ウェルシュ種 (Welsh)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone