コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カーマーゼン カーマーゼンCarmarthen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カーマーゼン
Carmarthen

イギリスウェールズ南西部,カーマーゼンシャー行政府所在地。旧カーマーゼンシャー県の県都。ウェールズ語では Caerfyrddin。カーディフ西北西約 90km,ブリストル海峡に注ぐタウイ川の河口から約 15km上流の沿岸にある。海岸からウェールズ中部にいたる重要な交通路であったタウイ川の谷の入口を押さえる戦略的拠点としてローマ時代から重視され,中世には多くの勅許状を得てウェールズ最大の都市の一つとなり,タウイ川の河港として繁栄した。1747年鉄製錬所が建設され,のちブリキの製造も行なわれた。現在は農業地帯の中心地で,生乳加工なども行なわれる。ノルマン時代の古城跡,聖ピーター聖堂など中世の建築物のほか,史跡,名所が多い。人口 1万3130(2001)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カーマーゼン
かーまーぜん
Carmarthen

イギリス、ウェールズ南西部、カーマーゼンシャー県の県都。人口1万3524(1991)。タウイー川の河口近くに臨み、河港を有する商業町。乳製品の集散、加工が行われロンドンへ供給される。市の起源は古く、ローマ時代の砦(とりで)建設時(75ころ)にさかのぼる。当時の遺跡として、5000人を収容する円形劇場跡が近年発見された。1201年にはジョン王から特許状を得ている。中世にはウェールズ王の居住地であったが、今日もその城跡が残っている。[久保田武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone