コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガイスラー ガイスラー Geissler, Heinrich

4件 の用語解説(ガイスラーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガイスラー
ガイスラー
Geissler, Heinrich

[生]1814.5.26. ザックスマイニンゲン,イゲルシーブ
[没]1879.1.24. ボン
ドイツの機械技師。ガラス細工に熟練して理化学機械の製造販売を業とし,1852年からはボン大学の機械工として J.プリュッカーらの研究活動を支えた。 55年にはピストンポンプのかわりに水銀柱を利用した真空ポンプを開発し,真空度の高いガイスラー放電管をつくった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ガイスラー

ドイツの技術者。ボンで理化学器械製作工場を経営,ボン大学の物理・化学機器の製作にも従事し,プリュッカーらの研究を支えた。中でも真空放電管(ガイスラー管,1858年)は放電現象の実験研究に大きく貢献した。
→関連項目プリュッカー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ガイスラー【Heinrich Geißler】

1814~1879) ドイツの技術者。ガラス吹き工。1859年プリュッカーの依頼で真空放電管(ガイスラー管)を製作。また、水銀真空ポンプも製作。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガイスラー
がいすらー
Johann Heinrich Wilhelm Geissler
(1815―1879)

ドイツの実験装置製作者。初めガラス吹きの技術を習得し、オランダで約8年間働き、1841年ボンに仕事場をもった。1852年、ボン大学で物理・化学の実験装置の製作技師になった。1852年、ボン大学のプリュッカーのために精巧な温度計をつくり、同年、地元の業者のためにワインアルコール度検出計をつくった。いずれも彼のガラス細工の腕を示していた。1857年には有名なガイスラー管をつくった。これはプリュッカーが真空放電の実験に用いるためのもので、ガイスラーは水銀柱数ミリメートル~数センチメートルの真空を得るために水銀空気ポンプを開発し、この装置はのちにポッゲンドルフ誘導電流の実験でも使われた(1864)。1868年ボン大学より博士号を受けた。[高山 進]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガイスラーの関連キーワードスマイラックスアルカイックスマイルサブザックすまいラックスマンワックスマンザッパン デラックスマイタックインデックスタックスマンパラザック

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ガイスラーの関連情報