ガイスラー(英語表記)Geissler, Heinrich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガイスラー
Geissler, Heinrich

[生]1814.5.26. ザックスマイニンゲン,イゲルシーブ
[没]1879.1.24. ボン
ドイツの機械技師。ガラス細工に熟練して理化学機械の製造販売を業とし,1852年からはボン大学の機械工として J.プリュッカーらの研究活動を支えた。 55年にはピストン・ポンプのかわりに水銀柱を利用した真空ポンプを開発し,真空度の高いガイスラー放電管をつくった。これはのち真空放電やその他の研究に大きく貢献した。 68年,ボン大学から名誉学位を授与された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ガイスラー

ドイツの技術者。ボンで理化学器械製作工場を経営,ボン大学の物理・化学機器の製作にも従事し,プリュッカーらの研究を支えた。中でも真空放電管ガイスラー管,1858年)は放電現象の実験研究に大きく貢献した。水銀ポンプの製作でも知られる。
→関連項目プリュッカー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ガイスラー【Heinrich Geißler】

1814~1879) ドイツの技術者。ガラス吹き工。1859年プリュッカーの依頼で真空放電管(ガイスラー管)を製作。また、水銀真空ポンプも製作。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガイスラー
がいすらー
Johann Heinrich Wilhelm Geissler
(1815―1879)

ドイツの実験装置製作者。初めガラス吹きの技術を習得し、オランダで約8年間働き、1841年ボンに仕事場をもった。1852年、ボン大学で物理・化学の実験装置の製作技師になった。1852年、ボン大学のプリュッカーのために精巧な温度計をつくり、同年、地元の業者のためにワインのアルコール度検出計をつくった。いずれも彼のガラス細工の腕を示していた。1857年には有名なガイスラー管をつくった。これはプリュッカーが真空放電の実験に用いるためのもので、ガイスラーは水銀柱数ミリメートル~数センチメートルの真空を得るために水銀空気ポンプを開発し、この装置はのちにポッゲンドルフの誘導電流の実験でも使われた(1864)。1868年ボン大学より博士号を受けた。[高山 進]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android