コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガザニア ガザニアGazania; treasure flower

5件 の用語解説(ガザニアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガザニア
ガザニア
Gazania; treasure flower

キク科の1属で,南アフリカに 16種が自生する多年草クンショウギク (勲章菊) の和名をもつ。葉はへら状または羽状で根出し,その中心から花茎を伸ばして花を咲かせる。直径4~5cmの頭状花は色鮮かで,黄色,橙色,朱紅色,白色などの地色に褐色や黒色,緑色などの斑紋 (はんもん) が蛇の目状に入るなど,勲章を連想させる花容。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ガザニア(〈ラテン〉Gazania)

キク科の多年草または一年草。南アフリカ原産。観賞用。初夏から初秋にかけて、橙(だいだい)・桃・白色の大きな花をつける。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ガザニア【Gazania】

南アフリカ原産のキク科の多年草または一年草(イラスト)。花が勲章のような感じであるところから,和名はクンショウギクと名付けられた。クンショウギク属Gazaniaには40種ほどが知られているが,園芸的には,ハネバクンショウギクG.pinnata Less(多年生)(イラスト)やクンショウギクG.longiscapa DC.(一年生)などもあるが,近年は交配雑種Gsplendensから改良を重ねた園芸品種が多く栽培される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ガザニア【Gazania】

キク科の多年草または一年草。南アフリカ原産。葉は厚い。高さ15~30センチメートル。夏から秋に、径7、8センチメートルの一重の頭状花をつける。花色は橙・黄・桃・白などで、中心に斑紋があり、開花すると蛇の目文様になる。園芸品種が多い。勲章菊。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガザニア
がざにあ
[学]Gazania splendens hort.

キク科の半耐寒性の宿根草で、寒地では一年草として扱う。南アフリカに24種分布し、アフリカンデージー(クンショウギク)の名で、よく栽培される。葉は根際から多数出て、披針(ひしん)形であるが羽状葉もあり、表面は濃緑色で裏面は白色。6~9月、径7~8センチメートルの菊状花を次々と開く。花色は黄、乳白、橙(だいだい)、鮮紅色などで、中心に黒褐色の斑(ふ)が入る。曇天や夜間は花は閉じる。本種は多くの種類との交雑によって作出されたもので、近年雑種第一代も発表され、もっとも人気のある品種である。花壇、ロック・ガーデン、鉢植え用とする。日当りがよく腐植質に富み、排水のよい所に株間30センチメートルに植える。寒さに弱いので冬期は防寒する。繁殖は実生(みしょう)では4~5月、発芽適温16℃にし、株分けでは春、秋に2~3芽ずつに分ける。[籾山秀之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ガザニアの関連情報