コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガス税 ガスぜい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガス税
ガスぜい

かつての市町村税の法定普通税の一つ。ガス料金を課税標準とする消費税で,ガス会社の料金徴収の際に合せて徴収された。税率は2%の一定税率であり,零細負担を避ける意味で1ヵ月の料金 6000円を免税点としていた。 1989年消費税の導入に伴い廃止された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガス税
がすぜい

ガスに対し、料金を課税標準として、使用地の市町村(特別区を含む)において、その使用者に課せられた税。1989年(平成1)4月の消費税導入によって廃止された。ガス税は、発電用、ガス製造用、教育・学術研究用、社会福祉施設用などに使用されるガスで一定のものについては、非課税措置が講じられていた。[大川 武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のガス税の言及

【電気税・ガス税】より

…電気およびガスの使用者を納税者とし,市町村が課した消費税。1950年に市町村の普通税としての電気ガス税が創設され,74年3月の改正で電気税とガス税に分離された(地方税法486~518条)。電気税は電気料金を課税標準とし,5%の一定税率で課税された。…

※「ガス税」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ガス税の関連キーワード道路整備事業財政特別措置法自動車関係諸税従価税・従量税電気税・ガス税石油ガス譲与税道路特定財源貸付有価証券電気ガス税地方譲与税石油ガス税特定財源一般財源直接請求目的税地方税石油税電気税国税

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android