コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガネーシャ Gaṇeśa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガネーシャ
Gaṇeśa

インド神話の神。「眷属の支配者」の意。ガナパティともいう。シバ神パールバティー妃の子とも眷属の一人ともされる。インド一般に,知恵学問の神として尊崇され,学問上の書物の冒頭にこの神に対する帰敬偈がおかれることが多い。姿は,象面で長鼻,1牙,4臂,長腹をもつ。ヒンドゥー教ガーナパティヤ派の主神と仰がれ,インド周辺諸国に伝えられるほど盛んな信仰を受け,今日でもその信仰は存続している。仏教のなかでも密教の信仰に取入れられ,歓喜天または聖天 (しょうてん) として信仰を受けている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ガネーシャ

ヒンドゥー教の知恵と学問の神。ガナパティとも。長鼻・象面・四臂(しひ)・人身の姿をとり,シバの子とされる。仏教に摂取されて,大聖歓喜自在天(聖天,歓喜天)となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ガネーシャ【Gaṇeśa】

ヒンドゥー教の神名。ガネーシャは〈(神々の)群(ガナ)の主〉という意味で,ガナパティGaṇapatiとも呼ばれる。シバ神とパールバティーPārvatīの息子とされる。彼は身体は人間であるが象面で,一牙を持つから,エーカダンタEkadanta(一牙を持つ者)と呼ばれる。また,あらゆる障害を取り除く力をそなえているとされ,ビグネーシュバラ(障害を除く主)とも呼ばれる。ネズミを乗物とする。彼は土俗神で,後代にシバ神話と関連づけられた新しい神であるが,古代の動物崇拝theriolatryのなごりと考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ガネーシャの関連キーワードスリセンパガビナヤガー寺院ガネーシュ・ヒマール[山]カスバガナパティ寺院カスタマンダップ寺院ヒンドゥー教の神々マハーバリプラムオタン・トゥラルロックフォートディーワーリースマールタ派インド神話シバ(神)川島令美和合神

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ガネーシャの関連情報