コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガネーシャ ガネーシャ Gaṇeśa

3件 の用語解説(ガネーシャの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガネーシャ
ガネーシャ
Gaṇeśa

インド神話の神。「眷属の支配者」の意。ガナパティともいう。シバ神とパールバティー妃の子とも眷属の一人ともされる。インド一般に,知恵学問の神として尊崇され,学問上の書物の冒頭にこの神に対する帰敬偈がおかれることが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ガネーシャ

ヒンドゥー教の知恵と学問の神。ガナパティとも。長鼻・象面・四臂(しひ)・人身の姿をとり,シバの子とされる。仏教に摂取されて,大聖歓喜自在天(聖天歓喜天)となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ガネーシャ【Gaṇeśa】

ヒンドゥー教の神名。ガネーシャは〈(神々の)群(ガナ)の主〉という意味で,ガナパティGaṇapatiとも呼ばれる。シバ神とパールバティーPārvatīの息子とされる。彼は身体は人間であるが象面で,一牙を持つから,エーカダンタEkadanta(一牙を持つ者)と呼ばれる。また,あらゆる障害を取り除く力をそなえているとされ,ビグネーシュバラ(障害を除く主)とも呼ばれる。ネズミを乗物とする。彼は土俗神で,後代にシバ神話と関連づけられた新しい神であるが,古代の動物崇拝theriolatryのなごりと考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ガネーシャの関連キーワードナーガヒンドゥー教建築ヒンドゥー教美術ヒンズーヒンドゥーヒンドゥー至上主義ガネーシュ・ヒマール[山]ヒンドゥー教寺院ヒンドゥー法典マタ(ヒンドゥー教)

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ガネーシャの関連情報