コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガリウムヒ(砒)素 ガリウムひそ

百科事典マイペディアの解説

ガリウムヒ(砒)素【ガリウムひそ】

III―V族化合物半導体で,性能上多くの特徴を持っている。シリコンに比べて,電子移動速度が高く,消費電力が少なく,高周波用や高速動作用の半導体(ショットキー障壁ゲート電界効果トランジスター,高電子移動度トランジスター)として広く用いられている。これらはガリウムヒ素半導体と呼ばれる。また,太陽電池(交換効率が21%と高い)やレーザーダイオードにも利用されている。CDのピックアップで使用する半導体レーザーもこの一種で,発生する光の波長が780nmなので赤色レーザーと呼ばれる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ガリウムヒ(砒)素の関連キーワードレーザーダイオード

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android