コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キタラ kithara

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キタラ
kithara

古代ギリシアの撥弦楽器。形はリラに似て,大型。アポロン楽器とされ,ギターツィター語源

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

キタラ(〈ギリシャ〉kithara)

リラから発達した古代ギリシャの撥弦楽器。共鳴胴に立てた2本の腕木横木で結び、横木と胴の間に5~11本の弦を張ったもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

キタラ

古代ギリシアの撥弦楽器。共鳴胴から突き出た2本のわくに横木をわたし通常7本の弦を張ったもの。リラより形が大きい。立って演奏するのが普通で,右手に持ったプレクトラムで弦をはじき,左手は弦の裏側ではじいたり,かき鳴らしたり,消音をする。
→関連項目楽器

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キタラ【kithara】

古代ギリシアの弦楽器。その名の原義は〈胸〉。キタラという語は前5世紀から現れるが,さらに以前にさかのぼるという説もある。木製の共鳴胴の上に太い2本の腕木がのびており,その間にわたされた横木に通常7本(多くて12~18本)の弦が張られ,指またはプレクトラムで撥奏される。古代ギリシアの弦楽器リラと同属だが,リラが素人向きであるのに対し,キタラは職業音楽家に好まれ,前7世紀以来,キタラ伴奏による歌キタロディーが栄えた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

キタラ【kithara】

古代ギリシャの竪琴たてごと。リラに似るが、大形で、共鳴胴に立てる二本の支柱も太い。弦は通常七本であるが、後期には一二~一八本になった。アポロンの楽器とされる。ギターの語源。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キタラ
きたら
kithara

古代ギリシアの弦楽器。リラ(ライア)とともに、いわゆるギリシアの竪琴(たてごと)として知られている楽器だが、起源はかなり古い。リラと違って箱形の胴をもち、じょうぶだが、大きくて重い。垂直に持ったり、膝(ひざ)の上にのせたりして演奏された。弦の数は3本から12本で、時代が下るほど多くなり、指またはプレクトラム(義甲)で弾奏された。調弦が可能であるため、古代ギリシアの音組織と関係があるとされる。また、管楽器アウロスのディオニソス的な性格と対比して、アポロン的と性格づけられていた。[前川陽郁]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のキタラの言及

【ベガンナ】より

…大きいので演奏の際は通常床に据える。 このリラは古代メソポタミア・エジプトや古代ギリシアのキタラとほぼ同じ構造をもっており,それらと歴史的に関係をもっていたと想像される。エチオピアのもう一つのリラ(クラール。…

※「キタラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

キタラの関連キーワードディオニソス的・アポロン的コンスタンチン リフシッツリモス ディズダリベルリンの画家テルパンドロスアンコーレ王国エジプト音楽ギリシア音楽ティモテオスリラ(楽器)アンコーレ族ブニョロ王国アンコーレバイオリン高田 和子ガンダ族アウロス弦鳴楽器ニョロチター

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キタラの関連情報