コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キノボリ キノボリ Climacteridae; Australasian treecreepers

2件 の用語解説(キノボリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キノボリ
キノボリ
Climacteridae; Australasian treecreepers

スズメ目キノボリ科の鳥の総称。全長 14~19cmで,7種からなる。オーストラリアに 6種,ニューギニア島に 1種が分布する。尾羽はやや長めで,体はほっそりしている。頭上から背面は灰褐色,オリーブ色,黄褐色,濃褐色のものなどがいる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キノボリ
きのぼり
Australian treecreeper

鳥綱スズメ目キノボリ科に属する鳥の総称。同科Climacteridaeは、オーストラリアニューギニア島に分布し、6種が知られている。全長13~17センチメートルの小形の鳥で、ほとんど目だたない暗褐色。嘴(くちばし)が細く鋭くとがり、いくらか下方へ湾曲している。翼は長めで、尾は短い。じょうぶな足にはよく発達したつめがあり、これで樹木の幹や大枝を跳ねながら登っていく。この習性はキバシリに似ているが、尾羽を支えに使うことはしない。採食の際は、樹皮表面の割れ目を探したり、地上で落ちているものをひっくり返して探したりする。こうして昆虫、とくにアリを好んで食べる。森林にすみ1羽またはつがいで過ごし、樹洞や割れ目に巣をつくる。おもな種にチャイロキノボリClimacteris picumnus、ノドジロキノボリC. teucophaeaなどがある。[中村登流]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キノボリの関連キーワード鳴禽類楓鳥花鳥猿子知目鳥庭師鳥木走木の葉鳥ムクドリ(椋鳥)キノボリ(木登)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キノボリの関連情報