コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キノボリ キノボリClimacteridae; Australasian treecreepers

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キノボリ
Climacteridae; Australasian treecreepers

スズメ目キノボリ科の鳥の総称。全長 14~19cmで,7種からなる。オーストラリアに 6種,ニューギニア島に 1種が分布する。尾羽はやや長めで,体はほっそりしている。頭上から背面灰褐色オリーブ色黄褐色,濃褐色のものなどがいる。胸腹部は背面に似た淡色で,頸あるいは胸腹部に白と黒のよく目立つ縦斑がある。はやや長めでわずかに下に湾曲する。おもにユーカリの開けた林にすみ,鋭い爪をひっかけて樹幹を下から上へ向けて螺旋状に登りながら昆虫類クモ類をとる。キバシリに似ているが,尾羽はそれほど長くないので樹幹を動き回る際に支えにならない。地面の落ち葉や枝の間の獲物を探すこともある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キノボリ
きのぼり
Australian treecreeper

鳥綱スズメ目キノボリ科に属する鳥の総称。同科Climacteridaeは、オーストラリアとニューギニア島に分布し、6種が知られている。全長13~17センチメートルの小形の鳥で、ほとんど目だたない暗褐色。嘴(くちばし)が細く鋭くとがり、いくらか下方へ湾曲している。翼は長めで、尾は短い。じょうぶな足にはよく発達したつめがあり、これで樹木の幹や大枝を跳ねながら登っていく。この習性はキバシリに似ているが、尾羽を支えに使うことはしない。採食の際は、樹皮表面の割れ目を探したり、地上で落ちているものをひっくり返して探したりする。こうして昆虫、とくにアリを好んで食べる。森林にすみ1羽またはつがいで過ごし、樹洞や割れ目に巣をつくる。おもな種にチャイロキノボリClimacteris picumnus、ノドジロキノボリC. teucophaeaなどがある。[中村登流]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

キノボリの関連キーワードクロキノボリカンガルーアカキノボリカンガルーキノボリハイラックスパラダイスフィッシュキノボリカンガルーヤマアラシ(山嵐)キノボリヤマアラシオーストラリア亜区カナダヤマアラシキノボリ(木登)イロガワリトカゲトウギョ(闘魚)レインボーアガマキノボリトカゲパームシベットエリマキトカゲアゴヒゲトカゲ木登カンガルートゲオアガマキノボリウオ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キノボリの関連情報