コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キバチ(樹蜂) キバチhorntail

世界大百科事典 第2版の解説

キバチ【キバチ(樹蜂) horntail】

膜翅目キバチ科Siricidaeに属する昆虫の総称で,成虫は5~10月に出現する。ほぼ円筒形で細長く,尾端に太い1本のとげがあり,強固な長い産卵管をもつ。雌はこの産卵管を木の中に深く刺し込んで産卵する。このとき,木材腐朽菌胞子を卵とともに材中に植えつけるので大きな害を与えるといわれている。一般に林業の重要害虫として知られているが,庭園樹を加害することもあり,ときには鉛管穿孔(せんこう)して通信事業に二次的な被害を与えることもある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

キバチ(樹蜂)の関連キーワードキバチ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android