コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エゾマツ

2件 の用語解説(エゾマツの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

エゾマツ

クロエゾとも。マツ科の常緑高木。北海道,北東アジアの温〜亜寒帯にはえる。樹皮は灰褐色ないし黒褐色で深い割れ目ができる。葉は線形で平たく先端がとがり,下面は灰白色をなす。
→関連項目春国岱造林トドマツ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内のエゾマツの言及

【トウヒ(唐檜)】より

…深い積雪に対する耐性がないためと考えられている。エゾマツ(蝦夷松)P.jezoensis (Sieb.et Zucc.) Carr.(英名はYezo spruce)(イラスト)はクロエゾともいい,トウヒの母種にあたり,高さ40m,直径1.5mに達する。幹の樹皮は黒褐色で亀甲(きつこう)状に割れる。…

※「エゾマツ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エゾマツの関連キーワード赤蝦夷松赤鉄アメリカ松蝦夷松黒松米栂大王松椴松大白檜曽琉球松

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エゾマツの関連情報