エゾマツ

百科事典マイペディアの解説

クロエゾとも。マツ科の常緑高木。北海道,北東アジアの温〜亜寒帯にはえる。樹皮は灰褐色ないし黒褐色で深い割れ目ができる。葉は線形で平たく先端がとがり,下面は灰白色をなす。初夏,紅色の雄花と紫色の雌花をつける。雌雄同株。球果は円柱形でやや下垂し黄褐色に熟する。変種にトウヒがある。近縁のアカエゾマツは岩手県早池峰(はやちね)山,北海道にはえる。樹皮は赤褐色。葉は線形で太く短く,球果は暗紫色に熟する。ともに材は建築,器具,楽器,パルプとし,樹は庭木,盆栽,クリスマス・ツリーとする。
→関連項目春国岱造林トドマツ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のエゾマツの言及

【トウヒ(唐檜)】より

…深い積雪に対する耐性がないためと考えられている。エゾマツ(蝦夷松)P.jezoensis (Sieb.et Zucc.) Carr.(英名はYezo spruce)(イラスト)はクロエゾともいい,トウヒの母種にあたり,高さ40m,直径1.5mに達する。幹の樹皮は黒褐色で亀甲(きつこう)状に割れる。…

※「エゾマツ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エゾマツの関連情報